地理学科

現地研究という実習科目が、地理学科の教育の大きな特長です。教員と学生がフィールドで寝食を共にし、現地調査とディスカッションを通じて地域実態への認識を深めます。また、地理学科の守備範囲は広く、文化・歴史系、社会・経済系、自然・環境系と大きく3つの領域で、それぞれ専門分野の研究を行います。共通項はテーマや地域を実際に観察・調査することで、多くの知見を得ることです。

地理学科の特徴

地理学科の教育の大きな特色は、現地研究という実習科目にあります。教員と学生が数日間フィールドにでかけ寝食をともにし、地域調査とディスカッションを通して地域の実態への認識を深めます。


地理学科の内容

地理学はじつは文系でも理系でもありません。あえて言えば、人文科学・社会科学・自然科学にまたがる総合的な科学です。


現地研究の醍醐味

地理学科のカリキュラムには他の学科では絶対に味わえない,特色ある授業科目があります。それは現地研究といわれる科目です。