履修カルテ・介護等体験・教育実習

履修カルテ

履修カルテ・介護等体験・教育実習

教職課程を履修するみなさんは、「履修カルテ」の作成が求められます。履修カルテは、教員免許状の取得に必要な科目の修得状況のほか、教職履修上の課題や課題達成状況などを、みなさんに記入していただく冊子です。履修状況の記録により、みなさんによる計画的な教職履修と、大学教員による系統的な指導につなげることを目的としています。
大学教員が履修カルテの記載状況を確認するために、主に3年次4月、3年次秋学期、4年次秋学期に履修カルテを大学に提出していただきます。履修カルテは卒業後も必要になる可能性がありますので、大切に管理してください。

なお、履修カルテは、3年次開設の「教育実習(事前指導)」、4年次開設の「教育実習(高)」、「教育実習(中・高)」及び「教職実践演習(中・高)」の履修にあたって必要な冊子です。履修カルテがない場合、それらの教職必修科目は履修できませんので、ご注意ください。

履修カルテの取得方法

1年次の「教職課程登録ガイダンス」に出席してください。ガイダンスでは、教職課程履修者登録の手続きと履修カルテについてご説明します。履修者登録の後、履修カルテをお渡しします。なお、登録には、2013年度入学者より教職課程費(3万円)が必要となります。
2年次以降から新たに教職課程の履修を始める方についても、履修カルテが必要となりますので、ガイダンスにご出席ください。なお、2009年度以前入学者のうち、「教職総合演習」を修得済みの方は、履修カルテは不要です。

履修カルテ提出・受領のモデル

1年次 ガイダンスに出席してカルテを受領。記入を始める。
3年次4月

カルテを教職課程センターに提出。記載状況の確認を受ける。
後日、カルテが返却される。

3年次秋学期
「教育実習事前指導」
カルテを担当教員に提出。記載状況の確認を受ける。後日カルテが返却される。
4年次秋学期
「教職実践実習」
カルテを担当教員に提出。記載状況の確認を受ける。
後日、カルテが返却される。
卒業後 カルテをなくさないよう、大切に保管する。

よくある質問