現代福祉学部の教育目標・方針

現代福祉学部の教育目標

ウェルビーイングの実現という学部の教育理念に基づき、福祉コミュニティ学科、臨床心理学科のいずれにおいても、幅広い福祉の視野をもって社会に貢献できる福祉マインドを身につけた人材養成を行う。その上で、各学科の教育目標は下記のとおりである。

福祉コミュニティ学科

  1. 人びとの心の問題も視野に入れた豊かな福祉コミュニティの創造に貢献できる専門的人材を養成する。
  2. 地域社会の福祉リーダーとして、地域社会で起きている問題に主体的に取り組む人材を養成する。

臨床心理学科

  1. 地域の暮らしや制度、人びとの生活や福祉サービスを視野に入れつつ、こころの問題にかかわる専門的人材を養成する。
  2. 個人・家族・コミュニティにかかわる心理学を体系的に学んだ人材を養成する。

 

現代福祉学部の学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

ウェルビーイングを実現するための人材養成という学部・学科の教育理念を踏まえ、学位授与にあたっては、以下の方針とする。

福祉コミュニティ学科

所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して「学士(社会福祉学)」を授与する。

  1. ウェルビーイングを多角的に理解するための、幅広い知識を習得している。
  2. ウェルビーイングをコミュニティで実現するために必要な専門的知識、専門的スキルを獲得している。
  3. コミュニティで実際に起きているウェルビーイングの課題について、社会福祉・地域づくりの学問領域の視点・研究方法を用いて考察することが出来る。
  4. ウェルビーイングを実現する人材として、自分の役割を自覚することが出来る。
  5. 自らフィールドに出かけ、様々な専門職や地域住民などと協力しながら、コミュニティが抱える課題の解決に取り組むことが出来る。
  6. 身に付けた知識・スキル・態度を総合的に活用しながら、自らが立てた研究課題にそれらを適用し、口頭表現や文章表現によって伝える力を習得している。

臨床心理学科

所定の単位の修得により、以下に示す水準に達した学生に対して「学士(臨床心理学)」を授与する。

  1. ウェルビーイングを多角的に理解するための、幅広い知識を習得している。
  2. ウェルビーイングをコミュニティで実現するために必要な専門的知識、専門的スキルを獲得している。
  3. コミュニティで実際に起きているウェルビーイングの課題について、臨床心理の学問領域の視点・研究方法を用いて考察することが出来る。
  4. ウェルビーイングを実現する人材として、自分の役割を自覚することが出来る。
  5. 自らフィールドに出かけ、様々な専門職と協力しながら、コミュニティが抱える課題の解決に取り組むことが出来る。
  6. 身に付けた知識・スキル・態度を総合的に活用しながら、自らが立てた研究課題にそれらを適用し、口頭表現や文章表現によって伝える力を習得している。

 

現代福祉学部の教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

ウェルビーイングを実現するための人材養成という学部・学科の教育理念を踏まえ、下記のような教育課程を編成する。

福祉コミュニティ学科

  1. ウェルビーイングを理解するための幅広い知識を習得するために、総合教育科目としてコミュニケーションスキル、情報リテラシー、視野を広げ論理的な思考力を身につける基礎的科目を置いている。
  2. ウェルビーイングをコミュニティで実現するために必要な専門的知識、専門的スキルを獲得するために、社会福祉・地域づくりに関する専門教育科目を置いている。
  3. 専門教育科目では、ソーシャルポリシー分野・コミュニティマネジメント分野・ヒューマンサポート分野の3つの専門領域において、コミュニティで実際に起きているウェルビーイングの課題を解決する視点および方法を学ぶことが出来る。
  4. 基礎演習、専門演習、実習関連教育など、全学年における個々の学生の特性に応じたきめ細かな少人数教育を通して、ウェルビーイングを実現する人材となる自分の役割を考察する力を養う。
  5. 専門演習、実習関連教育を通して、自らフィールドに出かけ、様々な専門職の役割や地域住民の活動を観察し、実際のコミュニティが抱える課題をどのように解決しているかを学ぶ。
  6. 専門演習では、3年間同一の教員から指導を受け、身につけた知識・スキル・態度を総合的に活用し、自らが立てた新たな課題にそれらを活用し、口頭表現や文章表現によって伝える力を習得するようにしている。

臨床心理学科

  1. ウェルビーイングを理解するための幅広い知識を習得するために、総合教育科目としてコミュニケーションスキル、情報リテラシー、視野を広げ論理的な思考力を身につける基礎的科目を置いている。
  2. ウェルビーイングをコミュニティで実現するために必要な専門的知識、専門的スキルを獲得するために、臨床心理に関する専門教育科目を置いている。
  3. 専門教育科目では、臨床心理分野、教育・社会心理分野、認知・学習心理分野、精神保健・福祉分野の4つの専門領域において、コミュニティで実際に起きているウェルビーイングの課題を解決する視点および方法を学ぶことが出来る。
  4. 基礎演習、専門演習、実習関連教育など、全学年における個々の学生の特性に応じたきめ細かな少人数教育を通して、ウェルビーイングを実現する人材となる自分の役割を考察する力を養う。
  5. 専門演習、実習関連教育を通して、自らフィールドに出かけ、様々な専門職の役割を観察し、実際のコミュニティが抱える課題をどのように解決しているかを学ぶ。
  6. 専門演習では、3年間同一の教員から指導を受け、身につけた知識・スキル・態度を総合的に活用し、自らが立てた新たな課題にそれらを活用し、口頭表現や文章表現によって伝える力を習得するようにしている。

 

現代福祉学部の学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

福祉コミュニティ学科

【入学前に備えているべき能力】

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識を有している。
    高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察することが出来る。
  3. 自分の考えを的確に表現し、伝えることが出来る。
  4. 少子高齢化、子どもの貧困問題、地域間格差拡大、心のケアなど、21世紀が直面している多様な社会問題に深い関心を持ち、その解決のための自由な発想力と社会に積極的に貢献する意欲を有している。
  5. 積極的に他者と関わり、実践を通した学びを深めようとする態度を有している。

【各募集区分で重視する能力】

  • 一般入試(A方式入試、T日程入試、英語外部試験利用入試および大学入試センター試験利用入試)
    基礎学力を重視しバランスの取れた学力を有する学生
  • 推薦入試(指定校推薦入試、付属校推薦入試、スポーツに優れた者の特別推薦入試 等)
    自発性、指導性、自由な発想力をもつ優秀な学生(指定校推薦入試)
    高大連携により、特色ある教育を目指し、意欲のある学生(付属校推薦入試)
    まちづくり実践へのモチベーションの高い学生(まちづくりチャレンジ入試:自治体推薦特別入試)
    学業とスポーツを両立できる優れた人材(スポーツに優れた者の特別推薦入試)
  • 特別入試(外国人留学生入試 等)
    国際性を身につけた勉学の意欲のある外国人留学生(外国人留学生入試)

臨床心理学科

【入学前に備えているべき能力】

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力としての知識を有している。
    高等学校で履修する国語、地理歴史、公民、数学、外国語などについて、内容を理解し、高等学校卒業相当の知識を有している。
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察することが出来る。
  3. 自分の考えを的確に表現し、伝えることが出来る。
  4. 子どもの発達、対人関係や家族関係の問題や心のケアなど、21世紀が直面している多様な社会問題に深い関心を持ち、その解決のための自由な発想力と社会に積極的に貢献する意欲を有している。
  5. 積極的に他者と関わり、実践を通した学びを深めようとする態度を有している。

【各募集区分で重視する能力】

  • 一般入試(A方式入試、T日程入試、英語外部試験利用入試および大学入試センター試験利用入試)
    基礎学力を重視しバランスの取れた学力を有する学生
  • 推薦入試(指定校推薦入試、付属校推薦入試、スポーツに優れた者の特別推薦入試 等)
    自発性、指導性、自由な発想力をもつ優秀な学生(指定校推薦入試)
    高大連携により、特色ある教育を目指し、意欲のある学生(付属校推薦入試)
    学業とスポーツを両立できる優れた人材(スポーツに優れた者の特別推薦入試)
  • 特別入試(外国人留学生入試 等)
    国際性を身につけた勉学の意欲のある外国人留学生(外国人留学生入試)