法政大学図書館 > アーカイブ一覧 > News > 【ライサポ】(市ヶ谷・多摩・小金井)選書ツアーに行ってきました!

【ライサポ】(市ヶ谷・多摩・小金井)選書ツアーに行ってきました!

2018年08月03日

6月中旬に,紀伊國屋書店新宿本店で各キャンパスのライブラリーサポーターによる選書ツアーが行われました。
ライブラリーサポーター(通称:ライサポ)は図書館運営や本の選定に学生視点のアイディアを取り入れ,より魅力的な図書館にするために活動している学生スタッフです。学生の視点で図書を選定する選書ツアーに,市ヶ谷図書館のライサポ12名,小金井3名,多摩8名,計23名のライサポが参加しました。 

選書後にはそれぞれ懇談会を行い,和気あいあいとした雰囲気の中,選んだ本を紹介し合いました。

「学生のみなさんに読んでもらいたい!図書館にこんな本があったらいい!」 という思いで選ばれたライサポいち押しの図書は,紹介文を書いたPOPと一緒に秋学期から展示予定です。本が好きな人にも、普段あまり本を読まない人にも楽しんでもらえる本を選びましたので,ぜひこの機会に手に取ってみてください♪

 

参加したライブラリーサポーターの感想(抜粋)

【文学部1年】
図書館にいれたい本を自分で選んだことがなく、もちろん選書のために書店に出向く機会もなかったので、とても楽しかったです。自分が選んだ本をどのような人が手にとって読むのかを考えることで、書店を何倍も素敵なところに感じました。

【経済学部1年】
初めて新宿の紀伊國屋書店本店に行ったので、こんなに大きな本屋さんに来られてワクワクしました。近所の本屋では見たことない本にもたくさん出会えて良かったです。選書後に自分の選んだ本をほかの人と紹介し合う時に、普段自分が手に取らない本に興味をもてたので、次図書館に行く時はその本を借りてみようと思いました。

【国際文化学部3年】
市ヶ谷キャンパスは文系の学生がほとんどなので、理科に苦手意識を持っている人も多いと思います。選書中は理科や数学の世界が面白くなるような本がよりわかりやすくなるような本を意識しました。

【現代福祉学部1年】
今回の選書ツアーでは、普段は気になるけど手の出せないような、ハードカバーの小説などに手を出すことが出来ました。テレビ等でよく取り上げられた話題作や、誰もが読みたくなるようなユニークな本を選書したので、是非色々な方に読んでいただきたいです。

 

選書ツアーの様子

<多摩 いざ,選書開始>

<多摩 いざ,選書開始>

<小金井 真剣に選びます>

<小金井 真剣に選びます>

<多摩 懇談会で選んだ本を紹介>

<多摩 懇談会で選んだ本を紹介>

<市ヶ谷 集合写真>

<市ヶ谷 集合写真>

 

 

〔お問い合わせ〕

法政大学図書館 Mail:hoseilib@hosei.ac.jp(@を半角に変えてください)