Graduate School of Business Administration

市ケ谷キャンパス

経営学研究科について

これからの時代を担う企業経営と経営学のプロフェッショナルへ。

経営学研究科は、現実の企業経営を題材としながら、組織とその中で繰り広げられる人間の営みを研究し、その成果を教育することを目的として設立された研究科です。
組織や人間の営みは多様であり、単に現象を追うだけでは、現実の世界で日々生じる複雑な現象の洪水に溺れてしまいます。
しかし、表面上は異なって見える現象でも、その根源を探求していくと、共通した原理にたどり着くことがしばしばあります。混沌とした現実をより深く理解するには、原理(理論)を知っていることが重要です。理論を学び、何が重要であるかを見極めることによって、現実の理解を深めていくことが可能になるのです。経営学研究科が目指しているのは、このような思考のできる人材の育成です。

経営学専攻では、修士課程、博士後期課程ともに、昼間コースと夜間コース(社会人向け)の2つを設けています。修士課程夜間コースは1992年に設立され、既に1,000名近くの修了生(経営学修士:MBA)を輩出しています。
また、博士後期課程夜間コースでは、社会人が働きながら博士の学位を取ることができます。本研究科は、経営学を学びたい人たちに多様な選択肢を用意していると言えるでしょう。

経営学専攻

修士課程 / 博士後期課程

経営学専攻昼間コースは、1992年に従来の経済学専攻から独立し、専門的な経営学の教育を通じて数多くの研究者や高度職業人を養成してきました。
本専攻では、経営学の基礎から応用までの理論的なアプローチに加え、現実の企業活動や社会現象を実証的に分析するためのさまざまな手法を学び取ることができます。また、大学院生ひとりひとりの必要性に応じた、個別指導を重視した教育を実施しています。

特色

本専攻では、組織、人事、戦略、アカウンティング、ファイナンス、国際経営、マーケティング、経営史など、企業経営の諸側面について幅広く研究することができます。
また、経営学のみならず関連する経済学や統計学などの分野に関する科目も開講されており、総合的に企業経営をとらえる視点を養うことが可能となっています。高度な知識・理論の修得を目的とした講義やディスカッションに加え、最終目標として、個別指導を通じた質の高い修士論文や博士論文などの執筆を目指しています。

目標

  1. 教育研究機関・学会等で通用する高度な研究・教育成果を上げることができる研究者・教育者の育成
  2. 企業・その他の団体等において高度な経営課題に応えられる経営管理職、専門職の育成

これからの時代を担う企業経営と経営学のプロフェッショナルへ

経営学研究科は、現実の企業経営を題材としながら、組織とその中で繰り広げられる人間の営みを研究し、その成果を教育することを目的として設立された研究科です。
組織や人間の営みは多様であり、単に現象を追うだけでは、現実の世界で日々生じる複雑な現象の洪水に溺れてしまいます。
しかし、表面上は異なって見える現象でも、その根源を探求していくと、共通した原理にたどり着くことがしばしばあります。混沌とした現実をより深く理解するには、原理(理論)を知っていることが重要です。
理論を学び、何が重要であるかを見極めることによって、現実の理解を深めていくことが可能になるのです。経営学研究科が目指しているのは、このような思考のできる人材の育成です。

3つのポリシー

カリキュラム・マップ

カリキュラム・ツリー

研究指導計画

学位論文審査基準