ポリシー

カリキュラム・ポリシー

ポリシー

社会学部では、学士資格に相応しい専門的知識を学修し、幅広い視野と総合的な判断力を身につけることができるように、次のような指針のもと教育課程を編成する。

  1. 4年間一貫教育:大学4年間を一貫した体系のなかで捉える。
  2. 3つの科目群:授業科目を、「総合科目」「学科専門科目」「外国語教育プログラム」という3つの科目群に体系的に整理する。
  3. 3つの教育段階:3つの科目群を、「入門期」(1年次)、「能力形成期」(2~3年次)、「総仕上げ期」(4年次)という3つの教育段階に沿って段階的に編成する。
  4. 学科別カリキュラム:各学科の「学科専門科目」を、「入門科目」、「学科共通基礎科目」、「学科共通展開科目」、「コース専門科目」に体系化し、集積的な学修を可能にする。「入門科目」、「学科共通基礎科目」、「学科共通展開科目」により、学科での学修に必要な理論と方法を身につけさせる。同時に、専門分野あるいは対象領域によって区分された「コース専門科目」を学修させることで、学生各自の関心を掘り下げさせる。各学科には次のコースを設ける。
    【社会政策科学科】 「企業と社会」、「サステイナビリティ」、「グローバル市民社会」
    【社会学科】 「人間・社会」、「地域・社会」、「文化・社会」、「国際・社会」
    【メディア社会学科】 「メディア表現」、「メディア分析」、「メディア設計」
  5. 少人数教育:「総合科目」「学科専門科目」「外国語教育プログラム」の学修とあわせ、1年次の基礎演習と2年次以降の専門演習において、少人数での教育を徹底する。