ポリシー

アドミッション・ポリシー

ポリシー

社会学部では、 社会現象に幅広い関心を持ち、学習・研究活動を通して社会に積極的に関わる意欲を持つ、次のような人材を歓迎します。

  1. 入学後の修学に必要な基礎学力を有している。
  2. 物事を論理的に考察することができる。
  3. 自分の考えを的確に表現できる。
  4. 入学後の修学に必要な学習意欲や問題関心を有している。
  5. 社会現象を多面的にみる態度を有している。

一般入試(A方式、T日程、大学入試センター試験利用入試)では、「国語」「英語」の他、「日本史」「世界史」「地理」「政治・経済」「数学」の試験科目を通して、総合的基礎学力を評価する(上記1〜3)。
推薦入試(指定校推薦、付属校推薦、スポーツに優れた者の特別推薦入試)では、基礎学力の一定の評価(上記1〜3)を前提に、作文、面接等で学習意欲、問題関心等を評価する(上記4、5)。
特別入試(外国人留学生入試、転・編入試)では、基礎学力と学習意欲、問題関心を確認するとともに(上記1〜5)、多様な学生を受け入れることによって、学部の活性化を心がけている。