飛行訓練センターFlight Training Center

ページを印刷する

法政大学飛行訓練センター
指定航空従事者養成施設

高い技術を持つ高度職業人の育成
事業用操縦士免許の取得を目指す
飛行時間:自家用課程約60h/事業用課程約133h

飛行実習を安定的かつ高度なレベルで実施するため、2010年3月に「法政大学飛行訓練センター」を開設。国土交通省から2010年8月に指定航空従事者養成施設の認定を受けました。自家用操縦士技能証明課程、事業用操縦士技能証明課程、多発限定課程、計器飛行証明課程の訓練を実施しています。

Interview

航空操縦学専修 渡邉 正義

国内訓練で質の高いパイロットを育てます

エアラインパイロットになるためには操縦技術のみならず、良好な対人関係を構築できるコミュニケーション能力や協調性といった人間性が大切な資質の一つとして求められます。更に人の命を預かる責任感、どんな状況でもあきらめない心の強さなども求められます。身近なことでは、操縦に集中できるように、自発的に身だしなみを整えることも大切です。そして、なにより空や飛行機が好きで必ずパイロットになるという強い目的意識が必要です。当専修では、この様な多岐にわたるパイロットに求められる能力について基礎的な事柄から高度な操縦技能まで国内でしっかりと教育します。法政大学は東京六大学の一校として広く知られる伝統校、学部授業も学生生活も充実しています。ぜひ、法政大学でパイロットへの夢にチャレンジしてください。皆様の夢の実現のため教職員、教官一同一生懸命取り組んでいます。

訓練機紹介

セスナ172S

単発高翼のレシプロ機で、世界中で最も多く使用されているベストセラー機。法政大学ではグラスコクピットを備えた新型機を自家用操縦士課程と事業用操縦士課程の飛行訓練で使用しています。

Cessna 172S Skyhawk

ビーチクラフトG58バロン

双発レシプロ機のベストセラーで、エアラインパイロットの基礎訓練でも世界中で使用されています。法政大学では多発課程限定と計器飛行証明課程の飛行訓練で使用しています。

Beechcraft G58 Baron

航空身体検査とは

飛行機の操縦には、ライセンスとともに航空身体検査証明が必要です。自家用機のパイロットに必要な第二種航空身体検査証明と、エアライン・パイロットなどのプロパイロットに必要な第一種航空身体検査証明の二種類があり、第一種のほうが検査基準が厳しくなっています。検査では、呼吸器系、循環器系、消化器系、血液および造血臓器、腎臓・泌尿器及び生殖器、運動器系、精神及び神経系、眼 、視機能、耳鼻咽喉、聴力、口腔及び歯牙など幅広い範囲で実施されます。詳細は財団法人航空医学研究センターのホームページをご参照ください。

http://www.aeromedical.or.jp/index.htm