刊行物

沖縄文化研究 1号~10号

研究所紀要『沖縄文化研究』

10号 1983年10月

  • 明治前期官辺の沖縄論策 安岡 昭男
  • 久米島の諸家家譜記事の編年 梅木 哲人
  • 『歴代表文集』注釈(一) 安藤 信広
  • 諸所抜砂糖取締心得候覚-本文と解説 先田 光演
  • 南西諸島における神観念・世界観の再考察-奄美のノロ祝女信仰を中心に クライナー・ヨーゼフ
  • 奄美における楔の文化と真珠湊の碑文の解釈について 恵原 義盛
  • 鳩間島の祭祀と文芸 -結願祭を中心に- 大城 学
  • 『おもろさうし』の「ふし名」について 島村 幸一

9号 1982年6月

  • 沖縄の瓦造り -与那原瓦窯を中心に- 上江 洲均
  • 島津領国の文禄検地高と琉球の石高 渡口 真清
  • 勝連按司阿摩和利の名誉のために 川平 朝申
  • 竹富島の鍛冶伝承 上勢 頭亨
  • 八重山歌謡の歌形の諸相 波照間永吉
  • 八重山の家譜覚書 新城 敏男
  • 南島における物語的歌謡の研究 -宮古諸島を中心に- 多和田さち子

資料紹介

  • ドイツ遭難船員の手記 下地  馨

8号 1981年6月

  • 琉球諸島の奄美大島 L・ドゥーダーライン
  • クライナー・ヨーゼフ,田畑 千秋 訳
  • 奄美神祭りの構造とテルコ神 小野 重朗
  • 稿本『南嶋探験』の成立事情 東  喜望
  • 永積安明教授沖縄渡航拒否事件 鹿野 政直
  • 沖縄の狂言 -沖縄芸能における狂言の影響を中心に- 矢野 輝雄
  • 宮古歌謡の歌形 玉城 政美
  • おもろにうたわれた地域と人 -「地方おもろ」の分析とその特徴- 竹内 重雄

7号 1980年6月

  • 南島の「国見」行事 仲松 弥秀
  • 祟りなすものの南島的形象 -鱶伝説にみる南島の思想- 比嘉  実
  • 『琉歌百控』と奄美の現行歌謡 小川 学夫
  • 宮古島の神歌とその流れをめぐって 小島 美子
  • 狩俣の神々 -タービ・ピャーシをもとに- 新里 幸昭
  • 沖縄戦記録・文学試論 -時期区分について- 仲程 昌徳
  • 奄美における人身売買・ヤンチュの研究 大山麟五郎
  • 『大和横目日記例外寄』について 福地 唯方
  • 武姓文書 球陽研究会

6号 1979年6月

まえがき

第一部

  • 琉球語源辞典の構想 服部 四郎
  • 月と日の天上神座 -沖縄での思考- 中村  哲

第二部

  • 沖縄民謡宗教の核 -ノロ祝女イズムとユタ巫女イズム- 桜井徳太郎
  • 民俗学と人文地理学の狭間に立って -沖縄研究に想う- 小川  徹
  • 先史時代の沖縄諸島 高宮 廣衛
  • 薩摩藩の天保改革と奄美、沖縄 山本 弘文
  • 沖縄方言の動詞活用の記述から 屋比久 浩
  • 日本語の歴史と日本語方言学 上村 幸雄
  • 沖縄の近代文学 岡本 恵徳
  • 沖縄文学の全体像 外間 守善

5号 1978年6月

  • 沖縄本島の冥界婚姻巫俗 -ユタの関与するグソー・ニービチー- 桜井徳太郎
  • 奄美の歌謡と民俗の中の"キョラ" 恵原 義盛
  • 八重山キリシタン事件について 高良 倉吉
  • 八重山歌謡ゆんたの特質 宮良 安彦
  • 与那国島に存する組踊写本の考察 当間 一郎
  • 八重山の年中儀礼 -考察への予備的覚書(一)- 植松 明石
  • 竹富島の種子取祭と芸能 狩俣 恵一
  • 「豚聟入」とその周辺 田畑 千秋

4号 1977年7月

  • 王国末期農村における家祭祀体系の形成  -我部祖河文書の紹介と民俗史的考察(二) 小川  徹
  • 仲尾次政隆の配流日記 島尻勝太郎
  • 地方おもろ成立の周辺-地方おもろと文字の出逢い 比嘉  実
  • 徳之島における子どもの遊び 徳富 重成
  • 沖永良部島の百合騒動 先田 光演
  • 統合過程における国家と周辺地域-血判誓約書形成過程の政治的意義 我部 政男
  • 沖縄戦後史論序説 新崎 盛暉
  • 久米具志川間切公義帳について 菊山 正明

3号 1976年7月

  • 「江戸上り史料」中の芸能史料 宮城 栄昌
  • オモロの構造 玉城 政美
  • 奄美の民間説話の世界 山下 欣一
  • 琉球の抄造紙 糸数 兼治
  • 太陽の木と鳥-「おもろ」と『楚辞』 中村  哲
  • 柳田国男と「海上の道」 国分 直一
  • おもろ語「うりずん」と「若夏」 外間 守善

2号 1975年10月

  • 沖縄本島北部地域における「引」・「親類」・「一門」-我部祖河文書の紹介とその考察 小川 徹
  • 「赤マタ・黒マタ」祭祀の構造 中沢 新一
  • 近世中期の琉球誌 東 喜望
  • 琉歌の源流とその成立 比嘉 実
  • 沖縄の人形芝居-チョンダラー芸能と念仏歌 池宮 正治
  • 沖縄における戦後の文学活動 岡本 恵徳
  • 琉球語からみた『古事記』の「意」「富」字の音価 山田 實

1号 1974年6月

  • 紀要「沖縄文化研究」発刊の辞
  • 琉球王国形成期の思想―政治思想史の一齣として― 中村 哲
  • 自由民権派の「琉球処分論」-士族糾弾論・帰属論・処分論の潮流- 比屋根 照夫
  • 蔡鐸本『中山世譜』について 嘉手納 宗徳
  • 御使者附衆の系譜と文筆 渡口 真清
  • 桐板(トゥンビャン)とは何か-その調査追跡報告(予報) 多和田 真淳
  • アラシツ・シバサシ小論 小野 重朗
  • 「門中」研究をめぐる諸問題-小川徹氏の論考を中心に 比嘉 政夫
  • 沖縄芸能史概説(試論) 矢野 輝雄
  • おもろ美の一瞥 渡久地 政宰
  • 沖縄と柳田国男 高藤 武馬