サービス

教育支援ツール

サービス

情報メディア教育研究センターが開発した教育支援用ツールです。

 ツール名 概要 詳細 利用
申請
jimon_logo.jpg  jimon/
授業支援ボックス
地紋を施した用紙でテストやアンケートを行った解答を収集し、採点を行った後、それらを複合機でスキャンすると採点結果が授業支援システムを通じて学生に返却されるとともに、教員には成績一覧およびPDF化された学生の解答が返却されます。
富士ゼロックス社との共同研究にて開発されました。
2019年度に全学展開され、学習環境支援センターにて管理・運用されています。
不要
peas_logo.png  peas スマホを使ったプレゼン相互評価ツールです。評価される学生が5分程度のプレゼンテーションを終了した後に、出席しているすべての学生がPCもしくはスマートフォンから評価を入力するシステムです。
情報メディア教育研究センターが独自で開発しました。

 

OATube_logo.gif  OATube 学生が制作したDigital Story Tellingやビデオ作品をUploadし相互評価したり、反転授業などの予習ビデオを学生に公開します。
国際テクノロジー社との共同研究にて開発されました。
  レクキャス

学習支援システムと連携して利用する音声専用のファイルアップローダーです。ブラウザ上だけでなく、Podcastプレイヤーでの再生にも対応しています。情報メディア教育研究センターが独自に開発しました。

  match/ゼミ選考支援システム 学生からのゼミ配属希望をもとに所属ゼミを決定する支援をするためのツールです。経済学部・理工学部で利用されています。情報メディア教育研究センターが経済学部と共同開発しました。    
gfm_logo.jpg  Gradebook File Manager Excelでまとめた成績の基となる素点をA,B,C,D,Eといったレターグレードに変換しWeb成績登録の一括登録データを作成するWindowsツールです。GFM V2はS, A+, A, A-, B+, B, B-, C+, C, C-, D, Eといった2019年度から導入された12段階のレターグレードに対応しました。
情報メディア教育研究センターが独自で開発しました。

GFMサイト

不要