センター概要

沿革

センター概要

本教育研究センターは、1964年に「法政大学計算センター」として設立されました。 1997年の「法政大学総合情報センター」の発足に伴い、「法政大学計算科学研究センター」と名称を改め、その役割を次世代計算科学技術の研究の推進とし、研究活動とその支援に専念する組織に改革されました。その後2005年9月に「法政大学情報メディア教育研究センター」と名称を 改め、計算科学の総合的な研究に加えて、情報メディア研究を推進する組織として現在に至っています。

1964 小金井キャンパスに法政大学計算センターが設置され、汎用大型コンピュータが導入される。
1994 スーパーコンピュータ導入とともに、UNIX分散システムに再構築される。
1997 法政大学計算センターから法政大学計算科学研究センターに改組される。
2000 大型可視化システムが導入される。
2005 法政大学計算科学研究センターから法政大学情報メディア教育研究センターに改組され、現在に至る。