人文科学研究科(市ケ谷キャンパス)

1922年に創設された文学部を基礎としています。現在は、研究者や専門職志向者から社会人・再学習希望者の方々へも広く門戸を開放し、社会人のニーズに合わせて、学びやすいようにカリキュラムを配置しています。なお、2011年度から、人文科学研究科の各専攻を横断する形で国際日本学インスティテュートが加わりました。専攻にとらわれない多彩なカリキュラムが用意され、さらに充実した魅力ある研究科として再出発しています。

哲学専攻

古代ギリシャ哲学、近代ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イギリス)哲学、現代哲学、論理学などにより、西洋哲学を中心とした教育研究を進めています。


日本文学専攻

古代から近代までの各時代の文学、言語、芸能について探究します。また、文芸批評、中国文学、沖縄文学、国語教育などの関連科目を幅広く配置しています。


英文学専攻

英米文学、演劇、英語学、言語科学などの専門教育を行っています。専攻内・研究科内・学内または提携大学院の豊富な科目から、独自のカリキュラムを作ることが可能です。


史学専攻

日本史、東洋史、西洋史の3分野にわたる広範な授業を開講しています。伝統的な研究方法を重んじながら、最前線の研究成果も取り入れています。


地理学専攻

自然地理と人文地理の2本柱で成り立ち、幅広く複合的な領域をカバーしています。2本柱のどちらかに重心を置きつつ、個別のテーマを設けて研究を進めます。


心理学専攻

特定の領域に偏らず、知覚、睡眠、発達臨床、言語、教育、行動分析、犯罪、社会、記憶、学習、音声学といった多様な領域のエキスパートによる集団指導体制をとっています。


国際日本学インスティテュート

人文科学研究科を横断する形で設置・運営され、専攻にとらわれない多彩な授業が展開されています。