ポリシー

アドミッション・ポリシー

ポリシー

法律学科

法律学科では、以下のような人材を受け入れる。

  1. 学士課程教育を受けるにふさわしい基礎的な学力と学修意欲を備えている
  2. 国内外におけるさまざまな問題への持続的な関心をもち、問題を解決しようとする意欲がある
  3. 向学心、自発性、創造性に優れている
  • 一般入試(A方式入試、T日程入試、英語外部試験利用入試および大学入試センター試験利用入試)
    一般入試では、英語、国語、選択科目の試験科目を通して、入学後、ディプロマ・ポリシーで示した各能力を修得するために必要な基礎的学力と学修意欲を評価する。
  • 推薦入試(指定校推薦入試、付属校推薦入試)
    出願書類および面接等によって、基礎的な学力と学修意欲、社会問題への関心と問題解決への意欲、向学心・自発性・創造性を評価する。
  • 推薦入試(スポーツに優れた者の特別推薦入試)
    出願書類および面接によって、①高等学校においてスポーツに優れた実績をあげていること、②大学教育を受けるのに必要な基礎学力を有すること、③本学法学部法律学科への入学を強く希望すること、④入学後も学業とスポーツを両立させる意思を強く有することを評価する。
  • 特別入試(外国人留学生入試)
    出願書類および面接等によって、①大学教育を受けるのに必要な日本語能力と基礎学力を有し、②法律学に関し自らの興味関心のある事項について日本語で表現することができ、③本学法学部法律学科に入学し法律学を修得することを強く希望することを評価する。

政治学科

政治学科では、以下のような人材を受け入れる。

  1. 学士課程教育を受けるのに相応しい基礎的な学力と学習意欲を有している
  2. 社会生活における諸問題の解決に関心と意欲を有する
  • 一般入試(A方式入試、T日程入試および大学入試センター試験利用入試)
    一般入試においては、高等学校までの標準的な知識に関する問題を重点として出題し、基礎的な学力を測定する。
  • 推薦入試(指定校推薦入試、付属校推薦入試)
    出願書類および面接等により、基礎的な学力および社会問題に対する関心と解決に向けた意欲を評価する。
  • 推薦入試(スポーツに優れた者の特別推薦入試)
    出願書類および面接によって、①高等学校においてスポーツに優れた実績をあげていること、②大学教育を受けるのに必要な基礎学力を有すること、③本学法学部政治学科への入学を強く希望すること、④入学後もスポーツと学業への努力を怠らない決意を有することを確認する。
  • 特別入試(外国人留学生入試)
    出願書類および面接等により、十分な日本語能力と基礎学力を有することのほか、社会問題に対する関心と本学法学部政治学科への志望意思を確認し評価する。

国際政治学科

国際政治学科では、以下のような人材を受け入れる。

  1. 学士課程教育を受けるのに相応しい基礎的な学力と学習意欲を有している
  2. 地球規模問題群やアジア地域の諸問題の解決に関心と意欲を有している
  • 一般入試(A方式入試、T日程入試、英語外部試験利用入試および大学入試センター試験利用入試)
     一般入試においては、入学後、ディプロマ・ポリシーで示した各能力を修得するために必要な基礎的学力を評価する。国際政治学科では、特に外国語の能力を重視する。
  • 推薦入試(指定校推薦入試、付属校推薦入試)
     出願書類および面接等により、基礎的な学力および地球規模問題群やアジア地域の諸問題に対する関心と解決に向けた意欲を確認し評価する。
  • 推薦入試(スポーツに優れた者の特別推薦入試)
     出願書類および面接によって、①高等学校においてスポーツに優れた実績をあげていること、②大学教育を受けるのに必要な基礎学力を有すること、③地球規模問題群やアジア地域の諸問題に対する関心と解決に向けた意欲すること、④本学法学部国際政治学科への入学を強く希望すること、⑤入学後もスポーツと学業への努力を怠らない決意を有することを確認し評価する。
  • 特別入試(外国人留学生入試)
     出願書類および面接等により、十分な日本語能力と基礎学力を有することのほか、地球規模問題群やアジア地域の諸問題に対する関心と本学科への志望意思を確認し評価する。