HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 剣道部 > ニュース > 本学部員2名が二大会連続で世界剣道選手権女子代表に選出されました


本学部員2名が二大会連続で世界剣道選手権女子代表に選出されました

2015年03月16日

第16回世界剣道選手権大会女子代表に、松本弥月(法・4年)選手と高橋萌子(キャリアデザイン・3年)選手の2名が、
二大会連続で選出されました。

この大会は3年に1度の開催で、前回の大会では、世界48カ国・地域が参加しており、
松本・高橋両選手は、予選リーグ初戦から決勝戦に至るまでの各試合に出場し、
日本代表チームの優勝に大きく貢献しました。

今大会は、第1回大会以来45年ぶりの東京開催となり、日本勢の活躍に期待がかかります。
皆様からの熱いご声援をよろしくお願いします。

2015 世界選手権代表

【日程】 5月29日(金)~31日(日)

【会場】 東京・日本武道館


[松本・高橋両選手のコメント]

 松本弥月選手:ベストを尽くしてがんばります。
 高橋萌子選手:精一杯がんばります。