HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > フェンシング部 > ニュース > 全日本学生王座決定戦 男子がフルーレとサーブルで優勝


全日本学生王座決定戦 男子がフルーレとサーブルで優勝

2015年06月08日

優勝した男子フルーレ陣。左から、野口凌平(経営1年)、長島徳幸(文4年)、大石利樹(法3年)、東哲平(経営4年)

優勝した男子フルーレ陣。左から、野口凌平(経営1年)、長島徳幸(文4年)、大石利樹(法3年)、東哲平(経営4年)※写真提供:スポーツ法政新聞会

第65回全日本学生フェンシング王座決定戦の結果をお知らせします。

関東学生リーグ戦の結果を受け、本学は男女ともにフルーレとサーブルの2部門に出場し、男子が2冠を達成しました。

日程:2015年6月7日(日)
会場:大山崎町体育館(京都府)

結果
男子フルーレ

○45-24 同志社大
○45-33 日本大
優勝

男子サーブル

○45-24 朝日大
○45-28 中央大
優勝

(男子サーブルの優勝は2年連続29回目)

女子フルーレ

○45-29 同志社大
●41-45 専修大
2位

女子サーブル

●41-45 朝日大

3位決定戦
○45-34 専修大
3位

今後の活躍にもご期待ください