HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 陸上競技部 > ニュース > 第103回日本陸上競技選手権大会 400mHで豊田将樹選手(スポーツ健康学部4年)、3000mSCで青木涼真選手(情報科学部4年)が入賞


第103回日本陸上競技選手権大会 400mHで豊田将樹選手(スポーツ健康学部4年)、3000mSCで青木涼真選手(情報科学部4年)が入賞

2019年07月01日

第103回日本陸上競技選手権大会兼ドーハ2019世界陸上競技選手権大会日本代表選手選考競技会の結果をお知らせします。400mHで豊田将樹選手(スポーツ健康学部4年)、3000mSCで青木涼真選手(情報科学部4年)が入賞しました。また800mの松本純弥選手(経済学部1年)もルーキーながら大健闘いたしました。

大会期間    2019年6月27日(木)~30日(日)
大会会場    福岡市博多の森陸上競技場

結果

種目  選手  順位  記録 
男子800m 予選2組 松本純弥(経済・1年)  2位  1:47.80
PB 
〃決勝  〃  8位 1:54.71 
男子110mH 予3組 吉間海斗(経済・3年)  4位 14.09 
男子110mH予選2組   樋口陸人(スポ・2年)   5位  14.16 
男子400mH決勝 豊田将樹(スポ・4年)   2位  49.05
PB 
男子3000mSC決勝  青木涼真(生科・4年)   3位  8:36.65 
男子棒高跳決勝 竹川倖生(社会・4年) 4位 5m41 


今後とも陸上競技部への応援をよろしくお願いします。