HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 陸上競技部 > ニュース > 【陸上競技部】第102回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競争 坂東悠汰選手(スポーツ健康学部4年)が優勝


【陸上競技部】第102回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走 坂東悠汰選手(スポーツ健康学部4年)が優勝

2019年02月25日

【陸上競技部】第102回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走で、坂東悠汰選手(スポーツ健康学部4年)が優勝いたしました。青木涼真選手(生命科学部3年)も10位と大健闘いたしました。
坂東選手は学生生活最後の大会での快挙です。また優勝と同時に下記の大会出場の権利を獲得しました。

第103回日本陸上競技選手権大会男子10000mの出場権
2019日本グランプリシリーズプレミア男子5000m及び10000mの招待選手

大会期日      2019年2月23日(土)
大会開催地     国営海の中道海浜公園クロスカントリーコース(福岡市)

結果

種目  選手   順位  記録
シニア男子10km  坂東悠汰(スポ・4年)  1位 優勝  29:36 
〃  青木涼真(生科・3年)  10位  30:06 

 第103回日本陸上競技選手権大会は6月27日(木)~ 30日(日)の日程で福岡開催の予定です。
卒業後の坂東選手の活躍にもエールを送って下さい。
青木選手は、長距離陣を牽引しての活躍が今年も楽しみです。

引き続き陸上競技部への応援をよろしくお願いいたします。