HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 陸上競技部 > ニュース > 天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会 110mハードルで金井大旺選手(スポーツ健康学部4年)が優勝 


天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会 110mハードルで金井大旺選手(スポーツ健康学部4年)が優勝

2017年09月12日

天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会の結果をお知らせします。
110mハードルで金井大旺選手(スポーツ健康学部4年)が優勝しました。

大会期間    2017年9月8日(金)~10日(日)
大会会場    福井運動公園陸上競技場(福井市)

結果
総合成績    法政大学  12位

種目  選手  順位   記録
男子5000m決勝 坂東悠太(スポ・3年)  4位  13:52.45 
男子110mハードル決勝  金井大旺(スポ・4年)  1位  13:46 
男子3000m障害決勝  青木涼真 (生科・2年) 4位  8:51.06 
男子走幅跳決勝  松添基理 (スポ・3年) 4位  7m62 
女子400mハードル決勝  川端涼夏(スポ・M2) 7位  1:01.24 

 

今後とも陸上競技部へのご声援をよろしくお願いします。

天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会の結果

金井選手(写真提供:スポーツ法政新聞会)

天皇賜盃第86回日本学生陸上競技対校選手権大会の結果

川端選手(写真提供:スポーツ法政新聞会)