HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > 自動車部 > ニュース > 全関東学生ダートトライアル選手権大会 試合結果


全関東学生ダートトライアル選手権大会 試合結果

2010年06月21日

 滑りやすい未舗装のコースを高速で走行し、その所要タイムとペナルティの有無により勝敗が決まるダートトライアルでは、日常の運転にも役立つ瞬時の状況判断力と正確な運転技術が求められます。
 競技は、1選手2回のタイムアタックで行われ、各選手のベストタイムにより、団体および個人の順位が決定します。

【開催日】6月19日
【会場】丸和オートランド那須

【結果】
<団体順位>
リタイア
<個人順位>
伊藤(3年) 32位/45人
別井(3年) リタイア
青木(4年) リタイア

 今回の大会では、早朝まで降り続いた豪雨による最悪の路面状況でしたが、競技開始前には薄日が指し始めるなど、路面状況の変化をどう見極めるかがレースの勝敗を大きく左右する要因となりました。
 出走6番目、法政の第一走者である伊藤(2年)は、コース全体の情報収集という役目を意識した堅実な走りで午前6番目のタイムを記録。続く2名に的確な情報を提供しました。
 これを受けて第二走者の別井(3年)も猛烈果敢な走りで挑みましたが、時々刻々と変化する路面が行く手を厳しく阻み、レース終盤に痛恨の横転。部員総出で修復作業を行ったものの、安全を優先する大会技術委員長によるリタイア勧告を受け入れざるを得ず、無念のリタイアとなりました。