HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政大学体育会 > ボクシング部 > ニュース > WBC世界ライトフライ級タイトルマッチにて本学OBの木村悠選手が世界タイトルを獲得!


WBC世界ライトフライ級タイトルマッチにて本学OBの木村悠選手が世界タイトルを獲得!

2015年12月07日

本学OBより、ボクシング世界チャンピオンが誕生しました。
WBC世界ライトフライ級タイトルマッチにて、OBの木村悠選手(2005年度卒・帝拳ジム所属)が王者のペドロ・ゲバラ選手(メキシコ)を2-1の判定で破り、世界初挑戦でタイトルを獲得しました。

【試合結果】
11月28日(土) 宮城県 ゼビオアリーナ仙台
木村 悠 2-1(判定) ペドロ・ゲバラ


木村選手は大学1年時に全日本アマチュアボクシング選手権ライトフライ級で優勝、4年時には主将としてボクシング部を牽引してきました。
卒業後は帝拳ジムに入門、2006年10月にプロデビュー。2014年2月には日本ライトフライ級王座を獲得しています。
今後とも、木村選手の活躍にご期待ください。