HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2019年度 > 「-日本文化を学ぼうシリーズ-三曲体験教室」を実施しました


「-日本文化を学ぼうシリーズ-三曲体験教室」を実施しました

2019年12月18日

12月6日(金)、学生センター・課外教養プログラム「-日本文化を学ぼうシリーズ-三曲体験教室」を実施しました。 本企画は、三曲(三味線・箏・尺八)鑑賞と、体験を通じた伝統芸能に関する教養教育を目的として実施しました。

プログラムでは、本学の登録団体である三曲会が講師となり、三曲の歴史や楽器について学びました。また、学んだうえで実際に三曲会の皆さんによる演奏を聴きました。曲目は「八千代獅子」で、初めて聴く三曲の演奏に、参加学生は感動している様子でした。

その後は、三味線、箏、尺八の3グループに分かれて、楽器の演奏を体験しました。三曲会の皆さんが参加学生について体験のサポートにあたり、お互いに楽しそうに楽器を演奏していました。なかでも尺八は初心者には難しいようで、音を鳴らそうと熱心に取り組んでいる様子が印象的でした。一番人気が高かった箏では、多くの参加学生がきれいな「さくらさくら」を演奏できたようです。

当日は、留学生の参加も多数見受けられました。参加学生からは、「演奏の体験も楽しかったが、三曲会の楽器に関する説明や演奏もとても面白かった」「もっと演奏したい」など、多くの感想をいただきました。なかには、プログラム終了後も三曲会の学生と話している参加学生もおり、本プログラムは学生同士の交流の場ともなりました。

課外教養プログラムでは、今後も日本文化についての知識を身に付け、体験を通して学ぶことのできるプログラムを実施していきます。

楽器の紹介をする三曲会の学生

楽器の紹介をする三曲会の学生

三曲の演奏を鑑賞する様子

三曲の演奏を鑑賞する様子

三味線の体験

三味線の体験

箏の体験

箏の体験

尺八の体験

尺八の体験

集合写真

集合写真