HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2018年度 > 多摩キャンパスでサッカー部・陸上競技部合同壮行会を開催


多摩キャンパスでサッカー部・陸上競技部合同壮行会を開催

2018年12月14日

12月6日(木)多摩キャンパス総合棟前にて、第67回全日本大学サッカー選手権大会に出場するサッカー部(3年連続30回目)、第95回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)に出場する陸上競技部(4年連続79回目)の合同壮行会を開催しました。

開会の辞では徳安保健体育センター長/社会学部教授から両部に向けて激励の言葉が贈られました。
続いてサッカー部主務の藺藤子龍さん(現代福祉学部4年)による選手紹介と主将の黒﨑隼人さん(経済学部4年)・長山一也監督の決意表明、陸上競技部駅伝チーム主務の森田拓海さん(社会学部3年)による選手紹介と駅伝チーム主将の大畑和真さん(社会学部4年)・坪田智夫監督の決意表明が行われました。

冷たい雨にも関わらず集まった学生・教職員を前に、黒﨑さんは「昨年(準優勝)のリベンジを果たし、日本一になるように頑張ります」、長山監督は「昨年の悔しさを知っている4年生を中心に、面白いサッカーをしたい」と述べ、大畑さんは「全日本大学駅伝ではシードを獲得でき、状態も上がっているので、上位に食らいつく走りをしたい」、坪田監督は「エントリー・出場メンバー全員で戦い、一つでも高い順位で皆さんを驚かせたい」と述べました。

続く応援団のデモンストレーションでは、軽妙な司会に参加者全員が湧く中、リーダー部の力感溢れる演舞とチアリーダーの華麗なダンスを全員手拍子で盛り上げ、肩を組み校歌を斉唱して選手たちにエールを贈りました。

全日本大学サッカー選手権大会の初戦は12月15日(土)浦安市浦安市運動公園陸上競技場にて、箱根駅伝は2019年1月2日(水)3日(木)に開催されます。選手たちへのご声援をよろしくお願いいたします。

サッカー部員と長山監督(右)

サッカー部員と長山監督(右)

サッカー部黒崎主将

サッカー部黒崎主将

駅伝チーム部員と坪田監督(右)

駅伝チーム部員と坪田監督(右)

駅伝チーム大畑主将

駅伝チーム大畑主将

応援団によるエール

応援団によるエール

ペデストリアンデッキに掲出されている垂れ幕

ペデストリアンデッキに掲出されている垂れ幕