HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2017年度 > 『法政大学付属校合同説明会2017』を開催しました


『法政大学付属校合同説明会2017』を開催しました

2017年07月24日

2017年6月25日(日)市ケ谷キャンパス外濠校舎を会場に、『法政大学付属校合同説明会2017』を実施しました。

この付属校合同説明会は2014年より毎年開催しているもので、法政大学付属校への進学を検討されている生徒・保護者の皆様を主な対象として「付属校に進学した先の未来をイメージしてもらう」ことを主なテーマとして開催しています。
今年度はあいにくの天気にもかかわらず、多くの方々にご来場をいただきました。

イベントは3部構成で、第1部では本学田中総長より法政大学の入試状況に関する説明と、大学と3つの付属校が一体となって実践している独自の連携教育について法政大学憲章『自由を生き抜く実践知』の紹介とあわせて講演を行いました。引き続き第2部では、各付属校から大学へ進学している学生をゲストに迎え「付属校から法政大学へ進学すること」について、キャリアデザイン学部の児美川教授の軽快なリードで総長と学生の経験談を交えたディスカッションを行い、付属校と大学が連携した学びの実際の一端をご紹介しました。最後に第3部として各付属校説明会を実施しました。

北詰昌敬理事(総長室付付属校連携室担当常務理事)の開会挨拶の後、以下のプログラムを行いました。

■田中総長講演「自由を生き抜く実践知」
法政大学と付属校の法人全体で目指している教育のありかたについて、入試状況やダイバーシティ宣言、付属校の教育実践も例にあげ、来場された保護者の皆様へ丁寧にお話をいただきました。

■田中総長と学生のディスカッション
教育学が専門の児美川教授の進行で総長と付属校から大学へ進学した学生とのディスカッションを行いました。付属校出身学生から直接話を聞ける機会となったことから、学校紹介パンフレットには出にくい内容もあり、来場された方も熱心に聞き入っていました。

■各校別、学校説明会
対談に引き続き、外濠校舎4階にて各校別の説明会を開催しました。

参加した方々からは、「付属校だけでなく、その先にある大学の取り組みも含め一貫した大学の教育方針を伺えて良かった」「付属校受験にあたり大学までイメージできる機会は希少なので今回の説明会は有意義だった」「開催場所が大学であり、大学を子供に実際にみせることができてよかった」「付属校から法政大学へ進学した卒業生の飾らない生の声が聞けて良かった」「志望校以外の他の付属校の情報も得ることができ有意義だった」等ご意見を多数いただきました。

北詰常務理事の挨拶

北詰常務理事の挨拶

田中優子総長の講演

田中優子総長の講演

学生とのディスカッション

学生とのディスカッション

多数のご来場を頂きました

多数のご来場を頂きました

司会を務めた社会学部4年の大村純平さん

司会を務めた社会学部4年の大村純平さん

法政中高

法政中高

法政二中高

法政二中高

法政国際高

法政国際高