HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2016年度 > 国際シンポジウム「起業家教育の最前線―米国、スウェーデン、日本の取り組み―」開催


国際シンポジウム「起業家教育の最前線―米国、スウェーデン、日本の取り組み―」開催

2017年03月24日

イノベーション・マネジメント研究センターでは、2月23日(木)に、国際シンポジウム「起業家教育の最前線―米国、スウェーデン、日本の取り組み―」を開催し、講師・関係者7名を含め、計87名の方が参加されました(会場:市ケ谷キャンパス、ボアソナード・タワー26階スカイホール)。

起業家教育には、大学の技術を使って事業化させるアカデミック・スピンオフの促進だけではなく、ビジネスモデルの作成や組織運営の体験をさせるものもあります。本シンポジウムでは、米国やスウェーデン、九州大学の先端事例を紹介しながら、効果や課題について議論が交わされました。

当日は、田路則子所長(経営学部教授)の総合司会のもと、田路所長の開会挨拶「日本の起業家活動の課題」に続き、NorrisKrueger氏(Center for Global Business Research, Entrepreneurship Northwest)が「アントレプレナーシップ教育の最新動向 ―いかに起業意図を涵養するか―」、BooEdgar氏(Associate Professor of Gothenburg University)が「科学技術ベースのスタートアップ創出―アントレプレナーシップ教育からの起業―」、五十嵐伸吾氏(九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター副センター長、准教授)が「全学的なアントレプレナーシップ教育のデザイン―マインド変革か起業家輩出か―」と題して講演を行いました。

パネルディスカッション「アントレプレナーシップ教育のデザイン―プログラム設計、教育手法、効果測定―」では、石井芳明氏(経済産業省経済産業政策局新規産業室新規事業調整官)、牧野恵美氏(東京理科大学経営学部准教授)、新藤晴臣氏(大阪市立大学大学院創造都市研究科教授)を交え、参加者からの質問をもとに活発な議論が展開されました。

関連リンク

Norris Krueger氏

Norris Krueger氏

Boo Edgar氏

Boo Edgar氏

五十嵐伸吾氏

五十嵐伸吾氏

石井芳明氏

石井芳明氏

牧野恵美氏

牧野恵美氏

新藤晴臣氏

新藤晴臣氏

田路則子所長

田路則子所長

パネルディスカッション

パネルディスカッション