HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2016年度 > 「起業体験イベントStartup Weekend HOSEI & TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE」開催


「起業体験イベントStartup Weekend HOSEI & TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE」開催

2016年09月05日

イノベーション・マネジメント研究センターでは、NPO法人Startup Weekendと共催で7月1日(金)~3日(日)の3日間にわたり、「起業体験イベントStartup Weekend HOSEI& TOKYO UNIVERSITY OF SCIENCE」を市ケ谷キャンパスのボアソナード・タワー26階スカイホールで開催し、本学と東京理科大学の学生を中心に38名の学生が参加しました。

NPO法人Startup Weekendは、世界110か国、700以上の都市で活動している起業家コミュニティです。本学で開催する起業体験イベント「Startup Weekend HOSEI(SWH)」の開催は今回で4回目となり、学生によるStartup Weekend開催として大きく注目を集めています。田路則子所長(経営学部教授)がオーガナイザーの中心となり、田路ゼミナールの方々が企画・運営を行っています。Startup Weekendでは、3日間のなかで「頭ではなく、手や足を動かす」という理念に重点が置かれ、実際の起業と同じようにチームビルディングから行い、最終日のプラン発表までにMVPと呼ばれる、最低限の価値を提供できるアプリやHPの試作品を作成します。

今回はStartup Weekendに先立ち、本学出身の3名の経営者の方を講師としてお迎えし、オープニング講演会「法政OB経営者が語る、ITビジネスの起業家活動-大学生向け講演会」を開催しました。田路所長と竹内淑恵教授(経営学部)の司会のもと、熊谷芳太郎氏(Fitbit, Incシニアアナリスト、工学部機械学科1969年卒業)、赤坂優氏(株式会社エウレカ代表取締役CEO、経営学部2006年卒業、竹内ゼミナール出身)、浜野勇介氏(みんなのマーケット株式会社代表取締役、経営学部2009年卒業、田路ゼミナール出身)にご講演いただき、質疑応答では、会場からの質問に対して活発な議論が展開されました。

また、Startup Weekendでは、山田裕美氏(九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター学術研究員)がファシリテーターとなり、メンターとして、粟津和也氏(株式会社インターネットイニシアティブ)、小森和希氏(株式会社バイテック)、谷口慎介氏(株式会社QSR International)、熊谷俊夫氏(株式会社ジェイ・スポーツ)、長谷川有統氏(フリーランス)、児玉靖司教授(経営学部、コンピューターサイエンスとネットワークの専門家)の方々にご参加いただき、様々な観点から貴重なアドバイスをいただくことができました。

最終日のプレゼンテーションでは、浜野勇介氏、赤坂優氏、松本勇気氏(株式会社Gunosy 開発本部執行役員)、前田裕二氏(DeNA SHOWROOM株式会社)の4名の専門家による審査が行われ、「街を歩いている際に気になった曲が入ってくるサービス」を考案したチーム、“OPPORTUNE”が優勝しました。
ぜひ来年も本学でStartup Weekendを開催し、運営としてもさらによりよいイベントを提供できればと思います。

関連リンク

オープニング講演会

オープニング講演会

田路則子所長

田路則子所長

作業の様子

作業の様子

プレゼンテーション

プレゼンテーション

表彰式

表彰式

参加者・スタッフ集合写真

参加者・スタッフ集合写真