HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2016年度 > 2016年度エラスムス・ムンドゥス プログラムが開講


2016年度エラスムス・ムンドゥス プログラムが開講

2016年06月20日

法政大学は、ヨーロッパ連合の国際教育プログラムであるエラスムス・ムンドゥス修士課程「ユーロフィロソフィ」の正規構成メンバーで、2009年から毎年、第1学年第2セメスターの授業を展開しています(2011年は震災により中断)。

本年度もヨーロッパから学生と教員とを迎え、5月16日(月)から7月29日(金)まで3か月間の授業が、大学院棟で開始されました。

今年度から、このプログラムでの単位取得が、哲学専攻の大学院生だけではなく、国際文化学部の学部生にも可能になったことから、関連授業には例年より以上の法政大学の学生の参加が見られます。

本学にいながらヨーロッパの教育に触れることができるこの貴重な機会が、ますます多くの学生たちに利用されることを期待します。

関連リンク

オケ先生(リヨン第3大学)による「科学哲学」の授業

オケ先生(リヨン第3大学)による「科学哲学」の授業

合田先生(明治大学)による「現象学」の授業

合田先生(明治大学)による「現象学」の授業

哲学科生との「美」をめぐる合同ゼミ風景

哲学科生との「美」をめぐる合同ゼミ風景

「美」をめぐって論じあう学生たち

「美」をめぐって論じあう学生たち

哲学科生との「愛国心」をめぐる合同ゼミ風景

哲学科生との「愛国心」をめぐる合同ゼミ風景

「愛国心」を論じ終わっての学生たち

「愛国心」を論じ終わっての学生たち