HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2015年度 > 公開講座「企業家・教育者活動でたどる日本の学校経営―人づくりの先駆者に学ぶ―」第1部を開催


公開講座「企業家・教育者活動でたどる日本の学校経営―人づくりの先駆者に学ぶ―」第1部を開催

2015年11月02日

イノベーション・マネジメント研究センターでは、10月17日(土)に、公開講座「企業家・教育者活動でたどる日本の学校経営―人づくりの先駆者に学ぶ―」(全3部・有料)の第1部を開催し、17名の方が参加しました(会場:市ケ谷キャンパスボアソナード・タワー25階、研究所会議室5)。

経営史においては、専門経営者の登場という視点から、主に慶應義塾出身者からなる学卒専門経営者の研究が蓄積されています。今回の講座では、特色ある学校経営を実践した代表的な企業家および教育者を取り上げ、彼らの教育思想や人づくりのあり方を検証し、その現代的意義を検討します。講師はイノベーション・マネジメント研究センターの研究プロジェクト「企業家史研究会」のメンバーが担当します。

当日は、長谷川直哉教授(人間環境学部、イノベーション・マネジメント研究センター所員、「企業家史研究会」代表)の司会のもと、田路則子所長(経営学部教授)の開講あいさつに続き、山崎泰央氏(石巻専修大学経営学部教授)が「全人教育の実践者:小原國芳(玉川学園)」について、芦田尚道氏(上智大学経済学部非常勤講師)が「地域における産業人材の育成:北川實夫(広島県北川工業高等学校)」について講義を行い、質疑応答では、受講者からの質問に対して活発な議論が展開されました。 第2部は11月14日(土)、第3部は12月12日(土)に開講します。詳細は、以下のリンク先をご参照ください。

長谷川直哉教授

長谷川直哉教授

田路則子所長

田路則子所長

山崎泰央氏

山崎泰央氏

芦田尚道氏

芦田尚道氏

講義の様子

講義の様子

質疑応答

質疑応答