HOME > 法政を知る・楽しむ > 法政フォトジャーナル > 2014年度 > 国際セミナー「中国における都市物流モデルのイノベーションに関する研究」開催


国際セミナー「中国における都市物流モデルのイノベーションに関する研究」開催

2014年08月04日

イノベーション・マネジメント研究センターでは、7月17日(木)に、国際セミナー「中国における都市物流モデルのイノベーションに関する研究」を開催し、講師・関係者4名を含め、計63名の方が参加されました(会場:市ケ谷キャンパス、ボアソナード・タワー26階スカイホール)。本セミナーは当初の定員を上回る多数のお申し込みをいただいたため、急遽、会場を変更して開催されました。

中国の各大都市では、自動車の急増と消費物量の膨張によってもたらされる交通・物流の問題が深刻化しています。本セミナーでは、本学外国人客員研究員の張錦教授(西南交通大学)に講師としてご登壇いただき、日本などの先進国の歴史的経験を参考にしながら、近未来都市の姿を見据えての物流のあり方を検討し、中国の社会環境に適応する都市物流のモデルを提示しました。また、都市部の物流施設立地の集中・分散に影響を与える要因と、都市部における物流体系の変化過程を分析したうえで、都市部物流システムを設計する際に、いかなるフレームワークが必要となるか検討しました。

張教授は、西南交通大学交通運輸学院を卒業(工学博士)され、交通計画論、都市計画論、ロジスティクス・エンジニアリングを専門とされています。中国本土における代表的な物流研究者の1人で、これまで数々の都市や地域の物流計画、ロジスティクス・パークの立案と設計に携わってこられました。現在、西南交通大学交通運輸・物流学院の常務学院長・教授、同大学物流研究院長、中国物流学会副会長などを務められています。

当日は、田路則子所長(経営学部教授)の司会、李瑞雪教授(経営学部)と李英実さん(大学院経営学研究科修士1年)の逐次通訳のもと、張教授の講演、李教授のコメントに続き、質疑応答では、会場からの質問に対して活発な議論が展開されました。

張錦教授

張錦教授

李瑞雪教授

李瑞雪教授

田路則子所長

田路則子所長

李英実さんと李瑞雪教授

李英実さんと李瑞雪教授

講演の様子

講演の様子

質疑応答

質疑応答