システム理工学専攻・経営システム系(修士課程・博士後期課程)

経済社会の広範な観点からのシステム的なマネジメント

システム理工学専攻(経営システム系)では,経済社会の広範な観点からのシステム的なマネジメントを学ぶ。グローバル化が進む中で,激しい国際競争を生き抜くためには,経済社会の広範な観点からのシステム的なマネジメントが必要となる。最適なマネジメントの探求のためには,対象となるシステムの数理的構造を理解した上でモデルを構築し,法や制度,財務などの諸制約の下で最適な解を導くことが求められる。

また,高度な技術により新たな金融手法を提案しリスク・マネジメントの向上を図る能力,経済社会の予測に基づきシステムの設計にあたる能力などの涵養が目標となる。システム理工学専攻(経営システム系)の修士課程では,以上のような能力を有する専門的技術者の養成を目的とする。博士後期課程では,自立して研究を行う研究者の養成を目的とする。

システム理工学専攻経営システム系詳細情報

授業科目と担当教員

専攻で設置した授業科目、および担当教員の一覧を掲載しています。


シラバス

システム理工学専攻経営システム系の年間授業内容・計画を公表しています。


法政大学学術研究データベース

システム理工学専攻経営システム系の専任教員の教育研究活動、社会活動を紹介しています。


入試情報・資料請求

システム理工学専攻経営システム系の入試情報は、こちらのページからご覧ください。