国際文化研究科(市ヶ谷キャンパス)

本研究科は、現代の国際社会において相互に依存しあいながら存在するさまざまな人間集団の展開する文化を、「国民国家」に統合された「国民文化」としてではなく、「国民文化」を内的・外的に脱構築した諸「文化」ととらえた上で、「国民文化」間の交渉・関係としての「国民文化」ではなく、インターカルチャル・コミュニケーション(異文化間の理解と交流)としての「国際文化」を教育・研究することを目的とします。そのさい、本研究科では、情報と文化の関係を重視しながら、人文・社会科学のさまざまな方法を活用しつつ、総合的・学際的に教育・研究することを目的とします。とくに、本研究科では、周辺文化から中心文化を捉えなおすこと、マイノリティの文化を広い視野のもとで理解すること、日本文化と言われるものをアジアという広い枠組の中で見直すこと、さまざまなレベルでの文化交流を実践的・理論的に見直すこと、そしてそれらを文化の情報化という視座を組み込んで考えることを、特徴ある教育内容として発展させます。そのような教育を通じて、インターカルチャル・コミュニケーションとしての「国際文化」をより高度に研究しようとする人材と、それを修めたうえで高度職業人として社会に貢献する人材とを養成することにしています。

3つのポリシー

本学では、大学院学生の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)、教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)および学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を設けています。国際文化研究科の3つのポリシーはこちらです。


国際文化専攻

国際文化研究科には国際文化専攻が設置されています。専攻の概要、詳細についてはこちらのページを参照してください。