デザインスクールを開催しました

2012年11月08日

 2012年11月3日~4日に法政大学市ヶ谷田町校舎にてデザインスクールを開催しました。
 デザインに興味のある高校生がデザイン工学部教授と大学院生の指導のもと、各学科で作品を完成させました。当日の様子は以下の通りです。

・デザインスクール

建築学科の制作風景

建築学科の制作風景

建築学科坪井善隆教授と吉田長行教授の指導のもと、和気あいあいとした雰囲気で模型を製作しました。

建築学科の完成品

建築学科の完成品

東京ドームのように柱のない大屋根をかけて大空間を覆う建築構造を「空間構造」と呼びます。「思い切り引っ張った紐はびくともしない」という原理を利用して、大空間構造の模型を作りました。

都市環境デザイン工学科の制作風景

都市環境デザイン工学科の制作風景

都市環境デザイン工学科満木泰郎名誉教授の指導のもと、コンクリート実験を行いました。

都市環境デザイン工学科の製作品

都市環境デザイン工学科の製作品

建物の構造上、床を支える「はり」はとても大事な部材です。今回はその模型をつくり、どれくらいの力に耐えられるか実験を行いました。

システムデザイン学科の制作風景

システムデザイン学科の制作風景

初日は靖国神社に出かけて植物観察を行いました。スケッチを描いてアイデアを展開します。 翌日はケント紙を使ってペンダント照明を制作しました。

システムデザイン学科製作品発表の様子

システムデザイン学科製作品発表の様子

作品完成後、一人ずつ作品について発表をしました。
最後はシステムデザイン学科土屋雅人教授からの講評がありました。