HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > SDGsの社会実装化を推進 法政大学と北海道下川町が持続可能な開発目標(SDGs)推進に係る協定を締結 9月24日(火)法政大学市ケ谷キャンパスで調印式を開催


SDGsの社会実装化を推進 法政大学と北海道下川町が持続可能な開発目標(SDGs)推進に係る協定を締結-9月24日(火)法政大学市ケ谷キャンパスで調印式を開催-

2019年09月12日

 法政大学(東京都千代田区、総長:田中 優子)と北海道上川郡下川町(町長:谷一之)は、このたびSDGsの推進を目的とした協定を締結します。つきましては2019年9月24日(火)に法政大学市ケ谷キャンパスにて調印式を開催します。

 法政大学は、2018年12月に「法政大学におけるSDGsへの取り組みに関する総長ステイトメント」を発表し、様々なパートナーと連携しながら、SDGs達成を支える知識と課題解決策の社会への提供、SDGsの達成に取り組む人材の育成を行っています。
 このたび、SDGsを取り入れたまちづくりを積極的に行い、第1回ジャパンSDGsアワード内閣総理大臣賞(2017年)を受賞、SDGs未来都市(2018年)に選定をされている下川町と連携し、SDGsの社会実装化を推進します。

 なお、具体的な取り組みの第一弾として、SDGsを取り入れた「2030年における下川町のありたい姿(下川版SDGs)」の達成度を測る「しもかわSDGsインディケーター」の共同開発(公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)を含む3者)のため学生派遣と学術的知見の提供を行うなどの取組を実施する予定です。

 【調印式概要】※取材をご希望の場合は、予め下記お問合せ先まで必ずご連絡ください。

日時

2019年9月24日(火)12:45~

場所 法政大学ボアソナード・タワー26階 特別室(東京都千代田区富士見2-17-1)
調印者

法政大学総長 田中 優子
北海道下川町長  谷一之

 調印式終了後、谷一之町長による記念講演会を開催します(13:30~14:30 ボアソナード・タワー26階 スカイホール)

本件に関するお問合せ および 調印式ご取材申込(9月23日(12:00)まで)

法政大学総長室付教学企画室(担当:田中)

TEL 03-3264-9930 メール kyogaku@hosei.ac.jp

下川町政策推進課SDGs政策戦略室(担当:蓑島)