HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法大生らが現役パラアスリートたちとパラスポーツ体験イベントを企画(7/4)


千代田区内近接大学の高等教育連携強化コンソーシアム協力イベント
法大生らが現役パラアスリートたちとパラスポーツ体験イベントを企画
7月4日(水)富士見わんぱくひろば(千代田区)でSMBC日興証券協力のもと開催

2018年06月19日

法政大学ボランティアセンター(以下ボランティアセンター)では、SMBC日興証券株式会社(以下SMBC日興証券)とともに、地域の子どもたちにパラスポーツを体験してもらうイベント「地域のこどもたちにパラスポーツを知ってもらおう!」を7月4日(水)児童館「富士見わんぱくひろば(東京都千代田区、以下わんぱくひろば)」にて開催します。

ボランティアセンターでは、ボランティアセンターに所属する学生スタッフが中心となり、市ケ谷キャンパス(東京都千代田区)近隣の児童館、わんぱくひろばで子どもたちを対象とした企画を定期的に開催しています。今回、学生スタッフが児童館へニーズを調査し、2020年を前に、パラリンピックで開催されるスポーツを知ってもらうためのイベントを企画しました。

種目は、現在子どもたちの間で流行しているバスケットボールと、2020年の東京パラリンピックで正式種目となるバドミントンの2種類とし、パラアスリートが所属するSMBC日興証券に学生スタッフが企画を持ち込み、実現に向け協議するとともに、実際に競技を体験したいという子どもたちの声に応えるため、競技用車椅子メーカーなどに掛け合って競技用車いす21台を無償貸与いただく運びとなりました。さらに大妻女子大学・大妻女子大学短期大学部、共立女子大学・共立女子短期大学、東京家政学院大学、二松學舍大学、法政大学が2018年4月1日に設立した「千代田区内近接大学の高等連携強化コンソーシアム(千代田区キャンパスコンソ)」を構成する他大学の学生も企画に加わり、協働しています。

当日は車いすバドミントンの村山浩氏、車いすバスケットボールの千脇貢氏が参加して体験の指導にあたり、学生たちは、イベントの司会進行を担当するとともに、パラリンピックについて説明をしたり、安全に体験ができるよう子どもたちのサポートを行います。概要は以下の通りです。

日時

2018年7月4日(水)15:00イベント開始

会場

富士見わんぱくひろば アリーナ (東京都千代田区富士見1-10-3富士見みらい館内)

種目

車いすバドミントン、車いすバスケットボール

プログラム

村山 浩氏(車いすバドミントン・SMBCグリーンサービス所属、一般社団法人障がい者バドミントン連盟強化指定選手)
パラバドミントン日本選手権2017 3位

千脇 貢氏(車いすバスケットボール・SMBC日興証券所属)
リオデジャネイロパラリンピック2016 9位

学生サポートスタッフ(法政大学、千代田区キャンパスコンソの他大学の在学生)15名(予定)

その他

ご取材いただける場合は、 6月29日(金)16時まで に下記お問合せ先までご連絡いただき、ご取材いただける内容等についてお知らせいただけますようお願い申し上げます。

 

本件に関するお問合せ先

法政大学広報課 担当:栗山・二関

電話:03-3264-9240 E-mail:pr@adm.hosei.ac.jp

車いすバドミントン 村山選手

車いすバドミントン 村山選手

車いすバスケットボール 千脇選手

車いすバスケットボール 千脇選手