HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 法政大学と千駄ヶ谷日本語教育研究所グループがブリッジプログラムに関する覚書を締結


法政大学と千駄ヶ谷日本語教育研究所グループがブリッジプログラムに関する覚書を締結
スーパーグローバル大学創成支援(SGU)に関する取組

2016年04月05日

3月30日に行われた締結式の様子

3月30日に行われた締結式の様子
(向かって左・吉岡正毅理事長、右・近藤清之教育支援統括本部長)

学校法人法政大学(理事長:田中優子/東京都千代田区)と千駄ヶ谷日本語教育研究所グループ(理事長:吉岡正毅/東京都新宿区)は、3月30日(水)にブリッジプログラムに関する覚書を締結した。

このプログラムは、法政大学と千駄ヶ谷日本語教育研究所グループが有する日本語学校である吉岡教育学園千駄ヶ谷日本語学校と千駄ヶ谷日本語教育研究所付属日本語学校とが連携し、外国人留学生が、日本語学校に通学しながら、科目等履修生として法政大学の学部が指定する科目を受講するもの。
外国人留学生は、日本語能力を向上させつつ、大学学部レベルの授業に触れ、学習モチベーションを上げることができる。
一方、法政大学は、実際の授業に触れる機会を提供することで、本学が有する多彩な学部・学科をアピールし、将来大学・学部を選ぶ際の候補の一つとして考えてもらうことを目的としている。

3月30日(水)に吉岡教育学園千駄ヶ谷日本語学校で執り行われた調印式では、法政大学・近藤清之教育支援統括本部長と千駄ヶ谷日本語教育研究所グループ・吉岡正毅理事長が相互に署名を行った覚書を取り交わしたほか、今後の連携事業に対する期待などが語られた。

本学は、文部科学省の平成26年度スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB:グローバル化牽引型)」に採択されており、今回の取組みはこの一環となる。

プログラムの概要
開始時期 2016年4月
プログラム

法学部、文学部、経営学部、国際文化学部、人間環境学部、キャリアデザイン学部、デザイン工学部が開講する100科目以上の授業の中から、半期2科目(通年4科目)を選択し受講できる。

受入れ人数 各学部若干名
単位の取扱 学部に正規入学した場合、履修単位は入学前既修得単位として認定する。

この件に関するお問い合わせ

法政大学学務部教学企画課 杉浦 TEL:03-3264-9930
千駄ヶ谷日本語教育研究所グループ 早川 TEL:03-3953-0691