HOME > ニュース > 法政ニュースリリース > 【イノベーション・マネジメント研究センター】公開セミナー「NBとPBの競争と共存可能性-デュアル・ブランド戦略の時代-」


【イノベーション・マネジメント研究センター】公開セミナー
「NBとPBの競争と共存可能性-デュアル・ブランド戦略の時代-」

2015年02月06日

(PDF/29.4KB)

近年、流通企業(小売、卸、共同仕入れ機構等)がつくるプライベート・ブランド(PB)が台頭し、メーカーのつくるナショナル・ブランド(NB)とPBが競い合い、なおかつ共存する新しい市場状況が生まれている。このブランドがデュアル化(二重化)し、新しいブランド間競争が発生する状況をマネジメントする方法を、「デュアル・ブランド戦略」と呼び、メーカー、流通企業双方の視点から、NB・PBの最適ミックスを探る。

イノベーション・マネジメント研究センターに設置された「ミクロ流通研究会」(代表・矢作敏行)の研究成果が『デュアル・ブランド戦略』(矢作敏行編、有斐閣)として刊行されたのを機に、ブランド問題に関心のある実務家、研究者に対して問題提起を行う。

開催概要

日時 2015年3月6日(金)14:00~17:30(開場13:30)
会場 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー26階 スカイホール
主催 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
後援 一般社団法人ブランド戦略研究所 コーネル大学RMPジャパン
プログラム 《コーディネーター》矢作 敏行[やはぎ としゆき](法政大学経営学部教授、イノベーション・マネジメント研究センター所員)
《総合司会》岸本 徹也[きしもと てつや](流通科学大学商学部教授)
14:00~14:05 【開会挨拶】
14:10~14:55 【講演1】PBイノベーションとデュアル・ブランド戦略
矢作 敏行[やはぎ としゆき](法政大学経営学部教授、イノベーション・マネジメント研究センター所員)
15:00~15:45 【講演2】メーカーによるデュアル・ブランド戦略の展開―食品メーカーの調査・事例から―
浦上 拓也[うらがみ たくや](愛知学泉大学現代マネジメント学部教授)
〈休 憩〉
16:00~17:30 【パネルディスカッション】
《司会》岸本 徹也[きしもと てつや](流通科学大学商学部教授)
《パネリスト》陶山 計介[すやま けいすけ](関西大学商学部教授、一般社団法人ブランド戦略研究所理事長)、大塚 明[おおつか あきら](コーネル大学RMPジャパンプログラム・ディレクター、株式会社ヤオコー元常務取締役)、矢作 敏行[やはぎ としゆき](法政大学経営学部教授、イノベーション・マネジメント研究センター所員)、浦上 拓也[うらがみ たくや](愛知学泉大学現代マネジメント学部教授)
参加費 無料
定員 先着150名(定員に達し次第締切)
申し込み 下記専用サイトよりお申込みください。
申込締切 3月4日(水)
その他

お問合せ先

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
TEL: 03-3264-9420 E-mail: cbir@adm.hosei.ac.jp