HOME > ニュース > 法政大学について > 2020年4月HOSEIミュージアムができます


2020年4月HOSEIミュージアムができます

2019年12月20日

創立140周年の2020年4月、大学と世界をつなぎ、知が対話する実験的拠点がオープン

ロゴ

1880年の創設以来140年にわたる学術・文化資源を保存、展示するとともに、新たな教育・研究のコラボレーションを創造する場として「HOSEIミュージアム」を、2020年春に開設します。

「HOSEIミュージアム」事業のバックグラウンド

市ケ谷キャンパス「ミュージアム・コア」エントランスイメージ

市ケ谷キャンパス「ミュージアム・コア」エントランスイメージ

「HOSEIミュージアム」事業は、本学初の長期ビジョン「HOSEI2030」の一環でブランディング戦略に取り組む過程で、起案・準備されてきました。
法政大学憲章「自由を生き抜く実践知」(2016年制定)に表現される法政大学の過去・現在・未来を、本学3キャンパスの空間とデジタル空間をネットワークして、伝えていきます。

コンセプト

「人・地球社会の持続可能性」のための実験型ミュージアムをコンセプトとし、法政大学140年の歴史を通じて蓄積したコレクションの収蔵、公開、自校教育、ならびに大規模総合大学としての多様な研究コラボレーションの促進を図ります。またとりわけ、資源のデジタル化をすすめることで、国内はもとより世界に向けて法政大学の価値とブランドを発信する拠点となることを目指します。

事業の構成

ミュージアムは、その中心的機能を有する「ミュージアム・コア」、本学の3キャンパス各々の個性を伝え、ミュージアム・コアとつながる「ミュージアム・サテライト」、学内各所でミュージアムと学生や卒業生・市民との接点をつくる「インフォメーション・スペース」、学内資源をアーカイブ化し、ウェブサイト上で展示公開する「デジタルアーカイブ」の4つの機能で構成します。

HOSEIミュージアム全体像

HOSEIミュージアム全体像

「HOSEIミュージアム」概要

名称:HOSEミュージアム(英文表記:HOSEI UNIVERSITY MUSEUM)

開設時期:2020年4月(予定)
2020年4月に市ケ谷キャンパスに「ミュージアム・コア」を開設いたします。
その後、各キャンパスの「ミュージアム・サテライト」を順次開設いたします。

設置場所:

  1. ミュージアム・コア:市ケ谷キャンパス九段北校舎1階
  2. ミュージアム・サテライト:
    市ケ谷キャンパス・多摩キャンパス・小金井キャンパス(予定)
  3. ウェブサイト(デジタルアーカイブ)(2020年3月下旬開設予定)

展示内容:

1.大学史展示
法政の文化と個性の成り立ち
歴史に学ぶ <大学史ゾーン>

法政大学の成り立ちを4つの時期(「若者たちによる建学」「進取の気象」「自由と進歩を追い求めて」「たゆまぬ変革の明日へ」)に分け、デジタルサイネージと実物展示により、本学の文化や個性の由来を表現します。本学草創期の恩人ボアソナード博士の事績など多くのエピソードにより、法政大学とその学生・教職員が時代と社会にどう関わり、何を生み出してきたかを描きます。また、校歌に関する展示も予定しています。

左:ボアソナード博士 中央:野上豊一郎元総長 右:大内兵衛元総長

左:ボアソナード博士 中央:野上豊一郎元総長 右:大内兵衛元総長

近衛秀麿による校歌楽譜

近衛秀麿による校歌楽譜

2.テーマ展示

法政の研究・教育の個性
<6つのテーマ展示>
第1期 HOSEIスポーツの原点
テーマ展示ゾーンでは、本学の教育・研究の個性を6テーマで表し、毎回1つのテーマを通して、時代や社会と本学の接点を展示・紹介します。
2020年度は、東京オリンピック開催を記念し、スポーツに焦点化した展示を開催します。本学の学生文化を語るうえで、スポーツを欠かすことはできません。本テーマ展では、100年にわたる法政大学の各種スポーツを形作った人物や出来事を通して、学生スポーツと時代・社会の関わりを特集します。

 

左:東京六大学野球初優勝時のエース若林忠志 中央:法政大学野球部3代目監督の藤田信男と若林投手 右:フェンシング部創部の頃の集合写真

左:東京六大学野球初優勝時のエース若林忠志 中央:法政大学野球部3代目監督の藤田信男と若林投手 右:フェンシング部創部の頃の集合写真

1964年東京オリンピック学内壮行会(左側校旗隣は谷川徹三元総長)

1964年東京オリンピック学内壮行会(左側校旗隣は谷川徹三元総長)

3.デジタルアーカイブ

豊富な資料・コレクションを公開

 <デジタルアーカイブ>

法政大学の貴重な資料やコレクションをデジタル化して蓄積・管理し、保存や学内外への公開・活用を促進するため、デジタルアーカイブを構築します。デジタルアーカイブでは「歴史」「テーマ」「人物」「コレクション」の4つの検索ワードから法政大学のコレクションを知ることができます。ネットワーク上に公開するだけでなく、ミュージアム・コア内のデジタル展示ともつないでいく予定です。

アーカイブトップページ(作成中)

4.アクセス

HOSEIミュージアム開設準備募金について

「HOSEIミュージアム」について、広く開設を周知し、本ミュージアムの趣旨に理解を得るとともに、多くの志をえて開設を迎えるため、開設準備募金事業を実施いたします。
皆様のご支援をお願いいたします。詳細については以下のリンク先をご覧ください。

本件に関するお問合せ先

法政大学史センター
TEL:03-3264-6501
E-mail:daigakushi@hosei.ac.jp