HOME > ニュース > イベント > イノベーション・マネジメント研究センター 国際セミナー「韓国ベンチャー企業の輸出パフォーマンス―企業家のジェンダーの影響―」(1/8)


イノベーション・マネジメント研究センター 国際セミナー
「韓国ベンチャー企業の輸出パフォーマンス―企業家のジェンダーの影響―Korean Entrepreneurs and International Export Performance:Does Gender Matter?」(1/8)

2013年12月10日

PDF(493 KB)

イノベーション・マネジメント研究センターでは、Yongsun Paik教授(Loyola Marymount大学)にご登壇いただき、韓国のベンチャー企業(International new ventures)の輸出パフォーマンスについて検討する国際セミナーを開催します。

Paik教授は、企業家のジェンダーがベンチャー企業の経営に異なる影響を与え、その結果、輸出パフォーマンスに差異が生じると考えています。韓国ベンチャー企業4,240社からなるデータを分析し、ベンチャー・キャピタルへのアクセス、イノベーション・ケイパビリティ及びマーケティング・ケイパビリティの程度に企業家のジェンダーが影響を与えることを示します。さらに、ジェンダーの違いから生じたベンチャー・キャピタルへのアクセスやケイパビリティの差異が、ベンチャー企業の輸出パフォーマンスに与える効果を検討します。

【講師】
Yongsun Paik[ヨンスン・ペク]氏(Loyola Marymount大学教授)
Paik教授は、米国ロサンゼルスにあるLoyola Marymount大学教授であり、同大学アジア・ビジネス・センター(Center for Asian Business)のディレクターも務めています。Paik教授の研究分野は、国際人事、国際戦略的提携、及びアジア・ビジネスです。Paik教授には、“Managing a Global Workforce: Challenges and Opportunities in International Human Resource Management ” 及び “Changing Face of Korean Management ”という2冊の著作があります。さらに Journal of International Business Studies, Journal of World Business, Management International Review, Journal of International Management, International Journal of Human Resource Management, Academy of Management Executive, Academy of Management Learning and Education, Journal of Business Ethics などの主要な国際経営及びマネジメント誌に50を超える論文があります。

【司会】
安藤直紀 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター副所長、経営学部教授

開催概要 ※セミナーの使用言語は英語です。日本語通訳はありません。

日時 2014年1月8日(水)18:40~20:20(開場18:10)
会場 法政大学市ケ谷キャンパス ボアソナード・タワー25階
イノベーション・マネジメント研究センター セミナー室
(東京都千代田区富士見2-17-1 市ケ谷駅または飯田橋駅下車徒歩10分)
参加費 無料
定員 先着40名(定員に達し次第締切)
申込方法 件名を「1月8日セミナー申込」とし、氏名、所属、電話番号、E-mailアドレスを明記の上、E-mailでイノベーション・マネジメント研究センター宛(cbir@adm.hosei.ac.jp)にお申し込みください。
※締切は2014年1月7日(火)です。

本件に関するお問合せ先

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
TEL: 03-3264-9420 E-mail: cbir@adm.hosei.ac.jp

※2013年12月27日(金)~2014年1月7日(火)の期間は、当研究センターは休館となります。
上記期間中のお申込につきましては、1月8日(水)にご返信いたします。