ポリシー

アセスメント・ポリシー

ポリシー

国際文化学部では、学生の学修成果について、アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)の3つのポリシーに照らして、下記のとおり検証を行う。

(1) 入学段階
入学段階において、各種入学試験における成績、調査書等の記載内容、英語プレイスメントテストによって、〈国際社会人〉となりうる資質や意欲、能力が身についているか把握する。

(2)初年次教育段階
初年次教育段階において、チュートリアルでの取り組み及び成果、チュートリアル自己評価シートを用いて、大学での学修に必要なアカデミック・スキル及び問題解決型の学習態度が身についているか把握する。

(3)SA・SJ修了段階
SA・SJ修了段階において、SA参加者はSA帰国レポート、自己評価シートや月例報告を用いて、また、SJ参加者は最終レポートを用いて、コミュニケーション能力と異文化理解力・共感力が身についているか把握する。

(4)専門教育段階
専門教育段階において、授業やゼミ等における学習・研究活動の評価や、学部主催の国際文化情報学会での審査を通して、多様な文化情報を収集・整理・分析・発信する能力が身についているか把握する。

(5)卒業段階
卒業段階において、卒業研究、単位修得状況、GPA、外国語及び情報の外部試験スコアを通して、〈国際社会人〉に必須であるディプロマ・ポリシーで求める4項目にわたる能力が身についているか把握する。

(付)教養教育段階(ILAC作成)
教養教育段階においては、学期末試験、実技試験などの客観テストを用いて知識や外国語能力、情報リテラシー、スキルの学修成果を、プレゼンテーション、ディスカッション、レポート執筆、実験、フィールドワーク、アクティブラーニングを通して自主性、論理的分析的思考力、課題発見力・解決力、表現力を把握する。