コース紹介

国際社会コース

コース紹介

国際社会の交流と仕組み、その問題点と解決方法を探る

私たちが生きる21世紀はグローバル化の時代と言われます。グローバル化とは何か、を知るには世界各地の人たち自分とのつながりを認識し、世界のなかの自分の位置を確認することから始まります。国際社会コースでは現代世界の特徴や問題を見極め、異文化への理解と共感を持って他者と関わり、新たな世界を創りだせる人を育てます。

基幹科目

  • 国際関係学概論Ⅰ
  • 国際関係学概論Ⅱ
  • 国家と民族
  • 平和学
  • 宗教と社会
  • Religion and Society
  • 国際文化協力
  • 異文化適応論

専攻科目

  • 世界とつながる地域の歴史と文化
  • 実践社会調査法
  • 実践国際協力
  • 国際関係研究Ⅰ(アクターに着目した理論の捉え方)
  • 途上国経済論
  • 国際関係研究Ⅳ(他者イメージ論)
  • 宗教社会論Ⅰ(仏教思想) 
  • 宗教社会論Ⅱ(キリスト教と社会運動) 
  • 宗教社会論Ⅲ(イスラーム思想) 
  • 間文化性研究翻訳論
  • 多文化社会と人間
  • 国際関係研究Ⅱ(メコン流域国の開発と環境(社会と自然))
  • 人の移動と国際関係Ⅰ(華僑・華人社会)
  • 人の移動と国際関係Ⅱ(朝鮮民族のディアスポラ)
  • 人の移動と国際関係Ⅲ(アジア・太平洋)
  • 国際関係研究Ⅲ(地域紛争とエスニシティ)
  • 国際関係研究Ⅴ(東南アジアの世界遺産をめぐる文化の政治学)
  • 持続可能な社会
  • 地域協力・統合
  • Approaches to Transnational History
  • Cultural Dimension of American Foreign Relations