コース紹介

情報文化コース

コース紹介

情報を収集・分析・編集し、新たに発信する力を養う

現代において「情報」が思考や生活の基盤になるとの立場から、人間を主体に「文化」と情報の分析・編集・構成との関係性を学びます。
倫理、生物多様性、こころ、ロボット、メディアアート、デザイン、データサイエンス、セキュリティ、モノのインターネット、AI、VRなどグローバルな領域で研究、作品制作、フィールドワークに取り組みます。

基幹科目

  • ディジタル情報学概論―ディジタル社会を生き抜くための基礎知識―
  • 統計処理法
  • システム論
  • 文化情報学概論
  • 情報産業論
  • ネット文化論

専攻科目

  • こころの科学
  • こころとからだの現象学
  • ゲーム構築論
  • 道具のデザイン学
  • 情報セキュリティとプライバシー
  • 文化と生物―生活にいかす生物との関わり―
  • 文化と環境情報―人間社会や文化が,生態系とどのように関わっているのか―
  • 文化情報空間論
  • コンピュータ音楽と音声情報処理
  • コネクション・デザイン
  • 情報の編集論
  • 文化情報の哲学
  • ソーシャル・プラクティス

各授業の詳細は法政大学シラバスから検索の上、ご覧ください。