スポーツ健康学部 > ニュース > 在学生の方へ > 【授業】専門演習(林先生)募集要項について

【授業】専門演習(林先生)募集要項について

2012年02月08日

後期終了時ガイダンス時に説明をした林先生の専門演習募集要項について、以下の通りお知らせします。

4月のガイダンス期間に改めて説明の場を設けますので興味のある方は以下を参照した上で必ずガイダンスに出席してください。ガイダンスでは選考方法(提出締切日などを含む)に関する詳細についてお話しします。なお、ガイダンス日程については決定次第、ホームページ上でお知らせします。

■ 演習テーマ:現代の中高生における効果的な授業づくり
 体育授業は、好き嫌い、得意不得意、運動能力・体力・意欲・興味の有無など運動・スポーツに対して積極的な者、消極的な者と様々な特徴をもつ生徒が集結している。そのような中で体育教師はどのような生徒においても授業時間50分(学校により時間は異なる)という限られた時間で運動・スポーツの楽しさ・喜びを平等に伝えることが最大の役目であり使命である。
 生徒ひとりひとりに「私にもできた」「もっと挑戦したい」という意欲を沸き立たせることのできる授業展開方法を中高生の歳に近い大学生である今、皆で考え、意見を出し合い追究することで中高生に対して「マンネリ化した授業」から「新しい感覚の授業」を提案することが期待できると考える。

 ■ 内容
① 問題提起≪2・3年生≫
  中高生の体育授業における現状問題を探索する。(文献・新聞・ニュースなどによる情報収集)
② アンケート調査・分析方法の理解・習得≪2・3年生≫
  現状問題に対する生徒の実態を把握し、分析・考察を行う。(発表・意見交換)
③ 卒業研究≪4年生≫
  2・3年生で行った演習を踏まえ、各自で現状問題(テーマ)を取り上げ、アンケートを作成し、教育実習先
  などで調査し卒業論文としてまとめる。

■ 選考方法
条件
・ 体育教員を第一志望とする者
・ 4年生で教員採用試験を受験する意志が明確な者
・ 体育の授業づくりに興味のある者

■ 方法
1次:レポート (以下の2つのテーマいずれも述べること)
 ①  体育教員志望の理由
 ②  これからの「体育教師」の在り方
2次:面接