スポーツ健康学部 > ニュース > トピックス > チャレンジの時が来た-スポーツ健康学部に合格された皆さんへ-

チャレンジの時が来た-スポーツ健康学部に合格された皆さんへ-

2016年02月09日

学部長

 合格おめでとうございます。ここまで長い年月をかけ知識を広め、自分を厳しく律し、大学生としてのスタート台に立つ権利を得た皆さんに心から祝福の言葉を送ります。
 
 日本ではこれまでスポーツを「教育」との関係で語り、またある時は「健康」との関係で論じ、そして近年では「商品」としてみなすようになりました。
  日本人の心にも2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定を契機にスポーツの持つ魅力が急速に刷り込まれて来ている事を感じます。今や生活の中に欠かせなくなったスポーツの価値を、体育学や健康学の視点から解明する事を目的に設立された「スポーツ健康学部」は2016年度で8年目を迎えます。スポーツ健康科学は新しい専門領域で、社会的ニーズが高い「ヘルスデザイン」「スポーツビジネス」「スポーツコーチング」の3コースが用意されています。

フットサルコート

 合格した皆さんが豊かな人間形成に基づく土壌の上に健康科学の基礎を中心に根を張り幹を育て、自身の興味や関心に合わせた特徴的な枝に自分だけの果実をつける為の4年間に向かってのチャレンジができる環境は整っています。又、オン・ザ・ピッチである授業を含めた学内での行動が充実するためには、オフ・ザ・ピッチである学外での態度がさらに重要であることにも気づくはずです。
 
  スポーツ健康学系のリーディング ユニバーシティーに向けて皆さんのパワーで歴史を積み上げてください。卒業生や在校生の言葉に「出来る出来ないではなく、やるかやらないかが全てです!」「失敗を恐れずチャレンジしましょう!」とあります。
  スポーツの持つ力を検証し日本をもっと強くする人材を導く教職員の準備はできています。

スポーツ健康学部長 清雲 栄純