法政大学マイクロナノテクノロジー研究センターは、建学の精神である自由と進歩の思想の基に従来技術の限界を超える可能性のあるナノテクノロジーを基幹の共通技術としてメカトロニクス、ナノマテリアル、エレクトロニクス、バイオテクノロジー分野で精力的な研究を行っています。

法政大学マイクロナノテクノロジー研究センターで行っている研究の最終目標は、産業の発展と住み良い社会が両立した持続可能社会を実現です。そのため、新たな再生可能エネルギー源の開発、生物エネルギーの活用によるエネルギー獲得技術の開発を行い、先端デバイスの実証・高集積化、白金代替触媒の高機能化で低環境負荷技術を追究しています。また、持続可能な地球環境保全を目指して、植物系バイオマスや細菌の高機能化と環境浄化への応用、高光触媒活性コーティング技術・生分解性ハイブリッド高分子材料の開発を行っています。さらに、グリーンテクノロジー技術を実用的なオーダーで実現するために、ターゲットプラントの開発をめざしています。




法政大学ウェブサイト 法政大学マイクロナノテクノロジーセンター長挨拶 研究活動進め方と目的
基本テーマ:エネルギー獲得・低環境負荷技術の開発 基本テーマ:資源再生利用・環境技術の開発 基本テーマ:プラント実現のためのエコソリューション技術の活用

ニュース/イベント



English