小金井大学院 > 在学生の方へ > ニュース > HOME > 理工学研究科在学生の大芝晃平氏が「電気学会産業計測制御技術委員会優秀論文発表賞」を受賞

理工学研究科在学生の大芝晃平氏が「電気学会産業計測制御技術委員会優秀論文発表賞」を受賞

2018年01月18日

理工学研究科在学生の大芝晃平氏が、電気学会 制御/産業計測制御 合同研究会において研究報告した論文「リハビリテーション用脚部パワーアシストスーツの開発-立ち上がり動作のアシスト改善と動作開始の判別-」で「電気学会産業計測制御技術委員会優秀論文発表賞」を受賞しました。

・受賞者
大芝 晃平(機械工学専攻 修士課程2年)

・受賞名
電気学会産業計測制御技術委員会優秀論文発表賞

・受賞年月日
2018年1月16日

・受賞論文名
リハビリテーション用脚部パワーアシストスーツの開発-立ち上がり動作のアシスト改善と動作開始の判別-

・著者氏名
 大芝 晃平、石井 千春(理工学部教授)

リーフレット「理系学部で学ぶみなさんへ -大学院進学の5つのメリット-」