よくある質問

ボランティアセンター

ボランティアセンターはどのようなところですか?

回答

ボランティアセンターは、学部生のボランティア活動促進を目的に活動しています。詳しくは、活動概要をご覧ください。

ボランティアセンターはいつ開いているのですか?

回答

平日の9:00~17:00まで(11:30~12:30を除く)開室しています。土・日・祝日とお盆・年末年始等の大学の一斉休暇期間中や大学が定める休業日は閉室しておりますのでご注意ください。

実際にボランティアを始めるにはどうしたらいいですか?

回答

まずはボランティアセンターにお越しください。センターには学内外のボランティア情報がポスターやチラシなどで数多く掲示・紹介しております。そこから自分にあった活動を探してみてください。ボランティアをするのが初めてで不安な方は、ぜひご相談ください。

ボランティアは全く未経験ですが…

回答

全く気にする必要はありません。大学生になって初めてボランティアをする人がほとんどです。ボランティアセンターでは、初めての人を対象にイベントや講座等を開催しています。またセンターが主催するボランティア活動もあり、こちらの参加者は基本的には全て法大生で、参加費も安価(または無料)、安心・安全なボランティアです。ぜひご参加ください。

ボランティアセンター主催のボランティアはどのようなものがありますか?

回答

【市ケ谷ボランティアセンター企画】(過去実績)
  • 富士山トレイル整備・清掃ボランティア
  • 東北被災地ボランティアツアー、
  • 被災地スタディツアー(岩手・宮城・福島/2019年実績)
  • 防災キャンプ
  • 周辺施設における子ども・高齢者ボランティア
  • ベイラー大学との共同ボランティア
  • キャンパス周辺清掃・エコキャップ回収ボランティア など
【多摩ボランティアセンター企画】(過去実績)
  • 介護老人福祉施設傾向ボランティア
  • 清掃ボランティア(相原地区)
  • ボランティア系サークル・ゼミ合同活動報告会
  • 町田市ゆくのき学園学習サポートボランティア
  • 被災地ボランティア(宮城県気仙沼市・熊本県益城町) など
【小金井ボランティアセンター企画】(過去実績)
  • ボッチャ体験教室
  • 農業サークル「あぐり」による地域農家の手伝い など

詳細は当ホームページの「活動報告」をご覧ください。 今後も新たなボランティア企画を検討中です。いずれもキャンパスをこえて参加が可能です。お申し込みは各センター窓口まで。

1日でできるボランティアはありますか?

回答

期間限定や1日限りのボランティアもありますし、場所も大学周辺で手軽にできるボランティアもあります。自分の都合にあったボランティア情報をお探しください。

海外のボランティアツアーに参加したいのですが…

回答

海外のボランティアツアーに参加する場合は、安全な地域かどうか、活動内容に危険が伴わないか、参加費用に含まれるもの・含まれないものの把握、その費用が妥当か、保険の有無など、自分で事前にしっかり調べた上で参加するようにしましょう。法政大学ボランティアセンターでもいくつか紹介していますし、それとは別に、法政大学グローバル教育センターでも、国際ボランティア及びインターンシッププログラムを実施していますので、積極的に活用してください。

ボランティアセンターに学生スタッフがいると聞きました。どんな活動をしているのですか?

回答

だいたい週1回ミーティングを開きながら、学部生のボランティア活動促進を目的に学生独自のボランティア企画を考えたりしています。その企画について教職員の承認が得られれば、企画の準備を進めていき、実施・運営まで行います。 また、年間を通じてセンター主催のイベントを行っており、協力もしています。。

ボランティアサークルはどのような支援が受けられますか?

回答

まず4月に、ボランティアセンター学生スタッフ主催でボランティアサークルの合同新入生歓迎イベントを実施しています(市ケ谷・多摩)。また、日常的には文房具の貸出やセンター内の一部スペースの使用も可能です。もし、サークルの活動紹介やイベント等を告知したい場合は、センター内で情報公開いたします。その他、サークル運営上の悩みや課題などがあれば、センターのスタッフにご相談ください。

被災地支援のボランティアに興味があるのですが…

回答

現在行っている被災地支援活動については以下のページを参照にしてください。