スポーツ健康学部について

学部長メッセージ

スポーツ健康学部について

学部長よりメッセージ

 スポーツ健康学部は、「生涯にわたって健康を保持増進し、豊かなスポーツライフを実現すること」を究極のねらいとし、①「スポーツ」と「健康」について、より科学的に、より深く掘り下げ、②法政大学独自の「スポーツ健康学」を教職員と学生とが力を合わせて築き上げていくことを目指しています。
 「健康」という言葉は、国連が掲げる「持続可能な開発目標」の目標の一つとして「すべての人に健康と福祉を」にも掲げられているように、すべての人が享受すべき権利です。このため、健康な生活を妨げる要因を明らかにし、疾病予防に繋げることさらには身体活動普及に努めるための手立てを追求していくことがとても重要です。
 「健康」へのアプローチの一つにスポーツを挙げることができます。
 スポーツは、「する」「見る」「楽しむ」「支える」の要素が含まれていますが、当学部では、それぞれの要素を深めるために3つのコースを用意しています。
 ヘルスデザインコースは、運動生理学をベースに、身体機能や健康教育に関わる分野、スポーツビジネスコースはスポーツ振興やスポーツ関連ビジネスの企画・立案・運営などの分野、スポーツコーチングコースは競技者の指導からチーム運営まで実践的なノウハウを学ぶ分野となっています。
 また、学生の皆さんが、「スポーツ健康学」の学びを総合的に深め、柔軟な応用力を持ち合わせた社会で期待される貢献できる人材育成を目指すために、コース横断的に科目選択をすることを可能としています。アスレティックトレーナー、健康運動指導士、中・高等学校の保健体育科教員の資格取得により、将来の職業に繋げることができます。
 将来の夢の実現に向け、貴重な大学生活4年間を、空気の澄んだ自然あふれるキャンパスでしっかり腰を下ろして、スポーツと健康を科学しにきませんか!

スポーツ健康学部長 鬼頭 英明

スポーツ健康学部長 鬼頭 英明

スポーツ健康学部長 鬼頭 英明