3つのポリシー

学位授与の方針についての目的や目標 (ディプロマ・ポリシー)

  1. 様々な植物病について、的確に診断・予防・治療できるための専門的知識とその遂行能力が備わっている。
  2. 食の安全や環境についての知識を持ち、植物保護の技術を理解しリスク評価を行える総合的能力を有する。
  3. 専門教育で得た知識を活用し、さまざまな分野で新しい科学や技術が現代社会に与える影響を自らの力で正しく評価し、その内容の正確な伝達ができる説明能力が備わっている。

教育課程の編成・実施についての目的や目標 (カリキュラム・ポリシー)

植物、微生物と昆虫に関する、分子・細胞生物学からマクロな生態学まで配置し、併せて食料、環境、社会経済問題まで広範に、総合的な知識を修得可能なメニューを配する。特に、植物保護に関わる技術や資格取得のための知識修得の機会を設ける。三履修コースとして、「植物クリニカル」、「グリーンテクノロジー」、「グリーンマネジメント」を設定する。以下の点に配慮する。

  • 実験・実習を初年次から開始して、基礎訓練を行い、その後段階的に高度な診断・防除技術を修得するような実践的で、体系的な教育プログラムを設定する。
  • 公的資格(技術士補、樹木医補、自然再生士補)の取得プログラムを配置するともに、植物関連の食料・環境・バイオ関連の企業・公的機関へのインターンシップを行う。
  • 関連する法令や制度、国際動向、関連ビジネスについての知識修得の場を設ける。

入学者受入れの方針についての目的や目標 (アドミッション・ポリシー)

植物は人類が地球上で生存していく上で必要不可欠な生物であるとの認識のもと、食料、資源、環境問題に関心を持つ意欲あふれる次のような学生を受け入れることを基本としている。

  • 最新の生命科学の知識を貪欲に吸収し、科学技術の発展を通じて社会に貢献しようとする学生
  • 現代社会のかかえる広範で深刻な問題を、柔軟な思考と実践的な能力を基礎にして解決しようとする研究・技術者を目指す多様な学生
  • 国際的な視野で食料、環境問題や、貧困や飢餓問題に勇敢に挑戦し、解決に向けて国際舞台で活躍しようとする意欲ある学生

 

■一般入試(A方式入試、T日程入試、英語外部試験利用入試および大学入試センター試験利用入試)
A方式では、英語、数学と理科が受験科目であるが、「数学」、「理科」の2教科のうち得点の高い1教科のみを合否判定に用いることによって、特定分野に秀でた能力を評価する。

■推薦入試(指定校推薦入試、付属校推薦入試、スポーツに優れた者の特別推薦入試 等)
出願書類及び面接等によって、基礎的な学力と学習意欲、植物医科学への関心と、食料・資源・環境分野における問題解決への意欲を評価する。

■特別入試(外国人留学生入試、帰国生入試 等)
出願書類及び面接等によって、十分な日本語能力や生命科学に関する基礎学力、食料・資源・環境分野における問題解決への意欲、および本学科への志望意思を有することを確認する。