3つのポリシー

学位授与の方針についての目的や目標 (ディプロマ・ポリシー)

  1. 化学に関する専門知識の習得とそれを生かした問題解決能力を備えている。
  2. 化学に関する実験操作を自ら行い、その結果を正当に評価し、論理性ある結論が導きだせる能力を備えている。
  3. 日本語、英語を問わずに豊かなコミュニケーション能力を備え、自らの意見を論理的に説明できる能力を備えている。

教育課程の編成・実施についての目的や目標 (カリキュラム・ポリシー)

化学に関する基礎科目を習得したのち、三履修コースを設け、より専門度を高めるようカリキュラムを配置する。三履修コースとして、「物質創製化学」、「グリーンケミストリ」、「環境化学工学」を設け、学生の興味に合わせて高度な専門性を身につけさせるとともに、卒業後選択する職業への指針を与えるよう配慮する。カリキュラム全体としては、次の点に配慮する。

  • 全学年に実験科目を配し、化学技術者および研究者としての基礎技術を身に付けさせる。
  • 初年次は、高校からの円滑な移行をはかるための教育およびキャリア教育を行う。3年次には卒業研究のための準備教育を行う。4年次には、卒業研究を課し、社会人、大学院進学への準備を徹底するよう、少人数教育に努める。
  • 公的資格取得のための教育にも配慮する。

入学者受入れの方針についての目的や目標 (アドミッション・ポリシー)

創造性を高め、相互に琢磨する教育環境を構築し、多様な素質を持った学生を受け入れるために、下記のような入試制度を設けている。入学後の学生の追跡調査により、これら入試制度のより適切な運用、改善に努めている。