プロジェクト紹介

課外教養プログラムプロジェクト

プロジェクト紹介

課外教養プログラムプロジェクト(KYOPRO)とは?

課外教養プログラムプロジェクトは、「スキルアップ」「歴史・文化」「スポーツ観戦」等のテーマに沿ったプログラムを学生スタッフと教職員が協働で企画・立案し、法大生に提供しています。学内でサークルや外部の方に講師をお願いしてレクチャーをしてもらうプログラムが多くなりますが、実際に施設に赴いて見学や体験をするようなプログラムもあります。

KYOPRO活動紹介動画はこちら


ロゴマーク

制作意図

  • 考案者:小森智之(2009年3月 社会学部・メディア社会学科卒業)
  1. プロジェクトの目的である「学部・学科・学年・キャンパスを超えたコミュニティづくり」を実現する「橋渡し」の意味を込め、虹で表現した。また、7色の虹は、一人一人が持つ個性やカラーを示す。
  2. 本学のスクールカラー(オレンジ)と、KYOPRO(課外教養プログラムの略称)の「O」をあわせて、「太陽」として表現した。3本のラインは3つのキャンパス(市ヶ谷・多摩・小金井)を示す。
  3. 「KYOPRO」だけでは何を意味しているのかわからない、また他のサークルなどとは異なり「法政大学・公式のプロジェクトであること」を示す必要があると考え、正式名称を記載した。