食堂

スポーツ健康学部は、スポーツと科学を融合させ、健康社会の形成に資する人材を養成するための学部です。学部教育の中で、栄養についての学習も非常に重要な位置づけにあると考えています。学部棟内に設置されている食堂についても教育活動の一環としてとらえています。健康社会の基本は「食事、運動、休養」と言われており、健康を標榜する本学部の食堂には栄養教育の観点から、教育活動を支援する役割があり、単に食事を提供するという場(食堂)以上の価値を有しています。
そういった場の創出を実現するためにエームサービス株式会社の協力を得て、下記の通りの運営を基本としています。

利用の方法

指静脈認証システムを利用することで、食事の提供が得られるのはもちろん誰がいつ食堂を利用したかどうかも確認することができます。

運営

  • 栄養価が高く、バランスの良いメニューを提供しています
  • メニューは日替わりで数種類を提供しています
  • 営業は授業期間のみとなります(ガイダンスや補講期間、試験期間などは営業していません)
  • カロリー表や週間メニューの提示なども行いますので、単に食事をするだけでなく実習の場としても大いに活用してもらっています。また、テレビも設置してありますので、休養や懇親の場としても利用することが可能です
  • 食生活や健康に関心を持ってもらうため、年間を通じて「HEALTHY NAV.」というプログラムを実施しています
  • 食生活改善の意識を高めるために食事診断機能を搭載した「ヘルスジャッジ」を常設しており、診断結果をもとに、管理栄養士によるアドバイスを実施しています

HEALTHY NAV.

HEALTHY NAV. 実施例

「HEALTHY NAV.」は、骨強度や肌年齢、ストレスチェックなどの測定を行い、栄養バランスの良いメニューを提案、栄養士が食生活のアドバイスをします。

  • セルフチェックを通じ、楽しく健康に関する知識を習得     
  • 食堂栄養士が測定結果の説明と栄養アドバイスを実施
  • テーマに即した栄養素が豊富に含まれるメニューを提供
  • HEALTHY NAV.実施状況一覧

ams                           

エームサービス株式会社